中大・牧秀悟選手、五十幡亮汰選手がドラフト前最後の試合、千葉ロッテが評価

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

中央大のドラフト上位候補コンビ、牧秀悟選手と五十幡亮汰選手が、ドラフト会議前の最後の試合を終えた。この日は4球団のスカウトが視察した。

スポンサーリンク

ワクワクが増してきている

この日、牧秀悟選手は初回、2アウト3塁の場面で打席に立つと、146キロのインコースの球を逆方向のライトへあざやかに運んだ。4回には四球で出塁すると、内山選手のヒットで三塁に進み、犠牲フライでホームを踏む。そして6回には盗塁を決めるなど足を見せ、8回にはこの日2本目のレフト前のヒットをうった。

試合に敗れ、主将としては満足はしていないと思うが、「追い込まれていたが、しっかり捉えてヒットにできた。自分の強みである勝負強さを発揮することができました」と話した。

開幕時は70%くらいと話していたが、徐々に当たりが戻り、現時点で打率.429でリーグ2位となっている。ドラフト会議に向け、巨人・坂本勇人選手、広島・鈴木誠也選手の名前を挙げ、「率が残せて、ホームランも打てる。日本を代表する右打者になりたいです」と話した。

また、五十幡亮汰選手はこの日はノーヒットに終わった。しかし、ドラフト会議に向けて「プロは小さいころからの夢。近づくにつれ、ワクワクが増してきている」と話す。

目標には、レッズの秋山翔吾選手、ヤクルトの青木選手を挙げ、「走攻守そろった秋山選手、青木選手が理想。代打ではなくフル出場して活躍できるプロ野球選手になりたいです」と話した。

この日は4球団のスカウトが視察に訪れ、千葉ロッテの中川スカウトは牧選手について「右も左もヒットゾーンに持っていけるバッター」と評価した。

ドラフト会議まで2週間、中大コンビがいよいよプロへの扉を開く。

中央大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラ1候補の中大・牧、2安打1打点1盗塁!4球団スカウトの前で猛アピール - スポニチ Sponichi Annex 野球
 2回戦1試合が行われた。今月26日のドラフト会議前では最後のリーグ戦となる東洋大戦で、ドラフト1位候補に挙がる中大の牧秀悟内野手(4年)が2打数2安打1打点、1盗塁と猛アピール。故障でエース・村上頌樹投手(同)を欠く東洋大は初回に打線が爆発して6戦目で初勝利を挙げた。
ドラ1候補の中大・牧、2安打/東都
 東都大学野球秋季リーグ(13日、神宮)未消化だった第1週の1試合が行われ、東洋大が7-2で中大を下して初勝利(5敗)を挙げた。中大は2勝4敗。26日のドラフト会議で上位候補に挙がる中大・牧秀悟内野手(4年)は2安打1打点だった。
「サニブラウンに勝った俊足」中大・五十幡、4打数無安打「アピールできず」/東都
 東都大学野球秋季リーグ第1週第1日(東洋大7-2中大、13日、神宮)ドラフト会議の上位候補に挙がる俊足の左打者、中大・五十幡は4打数無安打1四球。「自分が出塁しないと。アピールできなかった」。中学時代の2013年に臨んだ陸上大会の100メートル走では10秒92で優勝。現在9秒97の日本記録を持ち、当時のレースで10秒...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント