中日、ドラフト1位指名は中京大中京・高橋宏斗投手

中日ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

中日スポーツ系は、中京大中京の高橋宏斗投手を竜1位と報じた。

スポンサーリンク

即戦力投手

昨日行われたスカウト会議では、与田監督が即戦力投手を希望し、スカウト側がトヨタ自動車の栗林良吏投手、早稲田大の早川隆久投手、中京大中京の高橋宏斗投手を説明していく形で行われたが、米村チーフスカウトが、高橋投手が即戦力であることを説明していた。

この日、報じられている内容でも、米村チーフスカウトは「高橋君はこの1年間負けてない。過去の例を見ても、松坂投手とか田中投手とかは高校時代負けていない。そのくらいのレベルの投手で、将来的にもそれくらい伸びしろはある。先発ローテーションを守ってくれる、最多勝、沢村賞が取れるような将来性豊かな選手だと思っている」と説明をした。

地元の逸材の指名が続く中日において、高橋投手を他球団に指名されるのは避けたい所でもある。しかし、スカウト会議では1位指名が決定とは至らず、ドラフト会議直前のスカウト会議で決めるとなった。チームは現在Aクラスにおり、与田監督は来年の優勝に手ごたえを感じ、あと1枚、先発投手が取れれば、という思いがある。

同じ地元で社会人の栗林投手、そして左腕で155キロを投げ、与田監督の高校の後輩でもある早川投手は、来年の先発ローテーションにかなり高い確率で入ってくる事が予想されるが、その中で高橋投手が1年目から先発で投げられるのかという所がポイントとなりそうだ。

くじなら監督に

高校NO.1の高橋投手には、広島など他の球団も1位指名する可能性がある。抽選となった場合には与田監督に託すことになる。

与田監督は一昨年は根尾選手を4球団競合で、昨年は石川選手を3球団競合で右とに引き当てており、松永編成部長は「くじ運がいいので」と話し、米村チーフスカウトも「2度あることは3度ある」と、絶大な信頼感を寄せている。

また全体の指名については、支配下ドラフトでは5人程度の指名を予定しており、状況次第で育成ドラフトでの指名も行う。新型コロナによりリーグ戦が遅れた事や、アマチュア野球も行われなかった期間があった影響はさほど見られず、例年通りの指名人数となりそうだ。

中日がスカウト会議、中京大中京の高橋宏斗投手を1位指名へ、センターライン強化に中大・五十幡亮汰選手の指名も
中日はこの日、名古屋市内の球団事務所でスカウト会議を開き、中京大中京の高橋宏斗投手が最有力となった。
中日ドラゴンズのドラフト指名予想
中日ドラゴンズ公式ページ 中日ドラゴンズ関係スレッド型掲示板 中日ドラゴンズの過去のドラフト指名一覧 中日ドラゴンズ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイント分析...
中日ドラゴンズ、過去のドラフト指名一覧
中 日ドラゴンズ公式ページ 中 日ドラゴンズ関係スレッド型掲示板 中 日ドラゴンズのチーム世代表 中 日ドラゴンズの過去のドラフト指名一覧 中日ドラゴンズ過去のドラフト指名 3年...
高橋、竜1位 東京中日スポーツ紙面 2020/10/14

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント