八戸学院大・大道温貴投手が大学最後の投球「皆さんにも楽しんでもらえた」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

東北地区大学野球王決定戦は、東北福祉大vs八戸学院大の試合が行われた。

スポンサーリンク

延長タイブレークで敗れる

この試合は、八戸学院大・中道佑哉投手(福岡ソフトバンク育成ドラフト2位)、東北福祉大・山野太一投手(東京ヤクルト2位)のドラフト指名選手同士の先発となった。

中道投手は厳しいコースを攻めるもボールや死球と制球が安定せず、初回に元山飛優選手(東京ヤクルト4位)にヒットを許すなど、ランナーを背負う投球が続き、4回までで2点を失った。一方の山野投手も球速は140キロ中盤に抑え、得意のスライダーなどで打ち取り、安定した投球を見せた。

そして八戸学院大は5回から150キロ右腕の大道温貴投手(広島ドラフト3位)が登板した。いきなり、元山選手とのセリーグ対決となったが、立ち上がりということもあり、ショートライナーを打たれた。

しかし、徐々にエンジンがかかると、声を上げながら投げるストレートとスライダーが強い球になり、東北福祉大のバッターを次々を抑える。そして再び対戦した元山選手からは力を込めて投げた球で三振を奪い、大きなガッツポーズを見せた。

その姿に八戸学院大打線も勢いが付き、8回に同点に追いついた。しかしタイブレークとなった延長10回に大道投手が2点を失い、その裏に味方が得点を奪えずゲームセット、東北福祉大が決勝に進出した。

楽しんだ、楽しんでもらえた

6回10奪三振、大道温貴投手の大学の最後の投球となった。タイブレークで元山選手を抑えたものの、4番の小椋選手に2点タイムリーヒットを浴びた。あれについては、「悪い球でもないのに、どうして打たれたかわからないくらいの球」と話す。しかし、終始さわやかに「楽しかった。悔いはないです」と話し、自分は「悔しいとは言わない」と笑った。

もう一つ楽しみにしていた対戦がある。春日部共栄出身の大道投手は、高校時代に花咲徳栄の楠本選手に「抑えられた事が無かった」と話す。この日も、前日に元山選手、楠本選手と話をし、この日の試合前も二人と話をして、対戦を楽しみにしていた。

タイブレークで2点を奪われた後、打席に立ったのは楠本選手。追い込んでからキャッチャーからストレートのサインが出たが、「ここで首を振れるようになったことが、大学で成長したこと」と、首を振って最後はこの日良かったというスプリットで三振を奪い、追加点は許さなかった。

大道投手は「楽しかった。」を繰り返した。そして、「楽しんでもらえましたか?」と逆に質問をし、スタンドの人に対しても「楽しんでもらえる投球だったと思います」と話した。ワインドアップの時に「みんなが動画を撮っているというのが見える」といい、見ている人に楽しんでもらえる投球をした。

インタビュー後に球場の外に出ると、ファンがサインを求めて列を作った。「サイン決まってなかったのですらすら書けなくて」と話したが丁寧に続けていた。

投球はもちろん、行いや振る舞いは既にプロ野球選手と言って良い。さわやかに大学4年間を駆け抜け、プロ野球選手として大きく羽ばたいていく。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント