東京国際大3年の工藤泰成投手が152キロ、阪神スカウトが視察

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

東京新大学リーグの秋季リーグ戦が開幕し、東京国際大の3年で153キロ右腕の工藤泰成投手が、152キロの速球で好投を見せた。

スポンサーリンク

阪神スカウト視察

最速153キロの速球を投げ、この春にリリーフで登板をしていた工藤泰成投手は、今年大学3年生で来年のドラフト候補となる。

この日の駿河台大戦との開幕戦で、大学1年秋以来となる先発のマウンドに立つと、152キロのストレートとカットボール、スライダーを織り交ぜ、6回1/3を投げて5安打1失点の好投を見せた。投球数が100球を超えたタイミングで降板した。

先発の投球について「少し緊張しましたが、いつも通りテンポ良く投げようと思った。球数が多かったのが反省です」と話したものの、「この秋は先発としてチームの勝利に貢献したい」と話した。

この日は阪神などのスカウトが視察し、来年のドラフト候補をチェックしていた。

2023年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東京国際大の新エース・工藤泰成が152キロ快投発進【東京新大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東京新大学野球リーグは31日、東京・大田スタジアムで秋季リーグ戦が開幕。今春2位の東京国際大は8―1の7回コールドで駿河台大に先勝。新...

152キロの直球にカットボール、スライダーも使って緩急をつけて打ち取り、6回に連打で失点したものの7回途中まで5安打1失点。100球を超えたのをメドに交代した。「この秋は先発としてチームの勝利に貢献したい」。ネット裏では阪神などのスカウトが視察、来年のドラフトイヤーに向けてアピールした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント