U18代表、浅野翔吾選手はノーヒットで大学生が意地を見せる

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 侍ジャパン

U18代表vs大学代表の壮行試合では、U18の1番・浅野翔吾選手に注目が集まったが、大学生投手陣が意地を見せて4打数ノーヒットに抑えた。

スポンサーリンク

4打数ノーヒット

浅野翔吾選手は1番ライトで出場すると、初回の第1打席で、こちらもプロ注目の立教大・荘司康誠投手と対戦し、148キロのストレートを打ち上げて捕邪飛に倒れた。

3回の第2打席でも法政大2年の篠木健太郎投手にファーストフライ、5回の第3打席ではノーアウト1,2塁のチャンスで打席に入ったが、専修大の菊地吏玖投手に二塁ゴロ併殺に打ち取られ、7回の第4打席でも大商大3年・上田大河投手にサードゴロに打ち取られた。

注目の打撃でアピールができず、守備でもやや気になるプレーも見せた。それでも莊司投手が「紙一重だった。一本間違えればいかれていたかもしれない」と話すなど、その雰囲気は対戦した大学のエース級の投手にも伝わっていた。

この代表チームでは1番バッターとして、出塁やチームに勢いを与える役割が求められている。これまでも1番を打っていたものの、少し打席での心構えなどに違いがあるかもしれない。またこの日は、大学生が浅野選手に意地を見せた所もある。

すでに評価は定まっており、このタイミングで気になる点が見えたとしても評価が下がることはない。まずはU18W杯で思い切り良いプレーを見せて、U18代表悲願の優勝を期待したい。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2022)
2022年9月9日にアメリカで開催が予定されるU18ワールドカップの、侍ジャパンU18代表が発表されました。選手の特徴などを紹介します。(8月22日更新)
2022年・侍ジャパン大学代表候補選手一覧
2021年12月の代表候補合宿、2022年6月の代表選考合宿を経て、侍ジャパン大学代表が決定しました。(2022年6月20日) 12月のメンバー、6月のメンバーの表も下に掲載しています。
世代NO・1スラッガー高松商・浅野翔吾4打数無安打 「1番右翼」で先発/侍U18壮行試合 - 高校野球 : 日刊スポーツ
「1番右翼」で先発した世代NO・1スラッガー、高松商・浅野翔吾外野手(3年)の第4打席は三ゴロに倒れた。4打数無安打に終わり、大学日本代表に敗れた。最終打席は… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
高松商・浅野翔吾は4打数無安打 大学生相手に快音響かず - スポニチ Sponichi Annex 野球
 9月9日から米フロリダ州で開催される「第30回WBSC U18ワールドカップ」に出場する高校日本代表が大学日本代表と対戦。今秋ドラフト上位候補の高松商・浅野翔吾外野手(3年)は「1番・右翼」で先発出場も4打数無安打だった。
高松商・浅野 4打数無安打も存在感/デイリースポーツ online
 「侍ジャパン壮行試合、大学日本代表4-1高校日本代表」(31日、ZOZOマリンスタジアム) 高校日本代表の浅野翔吾外野手(3年・高松商)は「1番・右翼」で先発出場。4打数無安打と快音は響かなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント