立教大・荘司康誠投手が7回1安打11奪三振1失点、3球団視察し日本ハムGMが評価

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

最速154キロの速球を投げる立教大の荘司康誠投手が、東大戦に先発すると、7回1安打11奪三振1失点ち力を見せた。

スポンサーリンク

日本ハム・稲葉GM高評価

荘司康誠投手はこの日、最速は149キロで球が上ずり、調子は良くなかった。しかし、「逆に高めに見せる。まっすぐで決めるというよりも決める前の見せ球にした」と鋭く沈むスライダーを決め球に選択し、東大打線から11三振を奪った。「決め球がいいコースに決められていたので。しっかり投げ切れたのが1番かなと思います」と話した。

この日は3球団が視察すると、北海道日本ハムの稲葉GMが8日に続いて荘司投手を視察し、「長いイニングを投げているのは初めて見たけれど、変化球もしっかり投げられていてストレートも速い。投げ下ろす角度がある。三振がほしいところで取れていた。ポテンシャルは非常に高い。もっともっと伸びる可能性がある」と評価した。

今年は苦しむ投球が多い中でも、法政大戦では154キロを記録するなど持っている球の良さがある。投手としての実績や経験はまだ浅い中で、まずは素質が評価されることになりそうで、将来性を評価した球団が指名することになりそうだ。ドラフト1位の可能性もあれば3位以下の可能性もあると思う。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】ドラフト候補の立大・荘司が7回1安打11K「しっかり投げ切れた」
 立大は東大との接戦を制し、3―2でサヨナラ勝利。連勝で今季2つ目の勝ち点を獲得した。

この日の最速は149キロ。4日に行われた法大との3回戦ではリーグ戦最速の154キロを記録したが、直球の調子が上がらなかった。しかし、低めに決まらなかったことを逆手に取り「逆に高めに見せる。まっすぐで決めるというよりも決める前の見せ球にした」と臨機応変に対応。スライダーを軸に11個もの三振を奪い取った。自身初の2桁奪三振に「決め球がいいコースに決められていたので。しっかり投げ切れたのが1番かなと思います」と振り返った。

立大・荘司康誠、東大から7回1失点11K 日本ハム稲葉GM「直球が速く投げ下ろす角度がある」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
<東京6大学野球:立大3-2東大>◇第5週第2日◇9日◇神宮今秋ドラフト上位候補に挙がる最速154キロ右腕の立大・荘司康誠投手(4年=新潟明訓)が、7回を被安… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

20日のドラフト会議に向けて視察した3球団のスカウトにアピールした。日本ハムの稲葉GMは「直球が速く、投げ下ろす角度がある。三振がほしいところで取れていた。ポテンシャルは非常に高い。もっともっと伸びる可能性がある」と高評価だった。

立大がドラフト1位候補・荘司康誠の好投で勝ち点2/東京六大学
東京六大学野球秋季リーグ第5週2日(立大3-2東大、9日、神宮)2回戦2試合が行われ、立大は押し出し四球によるサヨナラで東大に3-2で勝利。勝ち点を2に伸ばした…

189センチの長身から最速157キロの速球を投げ込む右の本格派。今秋は5試合で防御率3・52と苦しむ中、変化球を駆使して1失点に抑えた。バックネット裏で視察した日本ハム・稲葉篤紀GMは「ストレートも速いですし、上背があって投げ下ろしの角度もある。変化球も使える」と評価。「もっと伸びる可能性がある」と期待した。

立大・荘司 7回11Kの力投!日本ハム・稲葉GM「ポテンシャルは非常に高い」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 2回戦2試合が行われた。立大は、今秋ドラフト上位候補の右腕・荘司康誠投手(4年)が7回1安打1失点、11三振と好投。勝敗は付かなかったが、チームは押し出し四球で3―2と東大にサヨナラ勝ちし、勝ち点を2とした。前日に敗れた法大は、3―2で慶大を下し、連敗を5で止めて1勝1敗とした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント