高松商・浅野翔吾選手がオリックス・阪神と面談、10球団との面談を終える

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

高松商の高校NO.1スラッガー・浅野翔吾選手がこの日、オリックス、阪神との面談を行い、予定されていた10球団との面談をすべて終えた。

スポンサーリンク

10球団

この日はまずオリックスの乾スカウトが午前中に面談を行い、吉田正尚選手について、「振った瞬間の音とか、ホームランの確信とかがすごい。コツとかを聞いてみたい」と話した。

面談を押した乾スカウトも「人懐っこさ、可愛がってもらえる性格の良さや人間性も兼ね備えている。右、左で違っても、素晴らしい選手の下でさらに成長してもらえたら」と話し、性格面についても評価した。

また、午後は阪神の渡辺スカウトが面談を行い、施設などの説明を受けた浅野選手は「施設が整っているのは、とてもいいなと思った」と話し、甲子園についても「独特なところがあって楽しいし、やりやすさはあると思う」と話した。

これで10球団との面談を終えた浅野選手は、これ以降の面談の予定は無いと話し、高校に入った時からプロ野球選手は目指していたが、ここまで評価してもらえるようになれると思っていなかったので、うれしいです」と各球団からの高い評価に喜びを見せた。

ドラフト会議では巨人が1位指名を公表し、阪神も大山選手しかいない右の主砲候補としてドラフト1位候補に挙げている。他にも将来の主軸候補で、50m5秒台のスピードもある外野手の浅野選手を高く評価する球団はありそうで、ドラフト会議では指名が競合することが予想される。

2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【阪神】高松商・浅野翔吾がドラフト1位指名の最有力 右打者の中心選手は27歳大山のみで将来の主軸候補に
 阪神が20日のドラフト会議で高松商・浅野翔吾外野手(17)を1位指名の最有力としていることが9日、分かった。左から右への浜風が吹く甲子園を本拠地とする球団にとって、右の強打者の育成は永遠のテーマ。身

自身より身長が3センチだけ高いオリックスの主砲・吉田正に話題が及ぶと「振った瞬間の音とか、ホームランの確信とかがすごい。(入団すれば)コツとかを聞いてみたい」と目を輝かせた。乾スカウトも「人懐っこさ、可愛がってもらえる性格の良さや人間性も兼ね備えている。右、左で違っても、素晴らしい選手の下でさらに成長してもらえたら」と高校ナンバー1打者に期待を寄せる。

高松商・浅野、阪神&オリックスと面談 10球団と面談終了
20日のドラフト会議で複数球団からの1位指名が見込まれる高松商・浅野翔吾外野手(3年、写真)が9日、香川・高松市内の同校でオリックス、阪神と面談した。
高松商・浅野翔吾が「ガチやばい」と恐れる“イベント”は…オリ&阪神と面談「人懐っこさ」太鼓判押された
 ドラフト1位候補の高松商・浅野翔吾外野手(3年)が9日、オリックスと阪神のスカウト面談に臨んだ。
高松商・浅野翔吾が阪神と面談 本拠・甲子園に「やりやすさある」10球団と面談終了/デイリースポーツ online
 高校通算68本塁打を放ち、ドラフト1位候補に挙がる、高松商・浅野翔吾外野手(3年)が9日、阪神と面談を行った。 担当の渡辺スカウトらと約40分の面談で、主に施設面などについて説明されたという浅野は「施設が整っているのは、とてもいいなと思った」と笑顔を見せた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント