明治大が始動、上田希由翔選手・宗山塁選手が汗を流す

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

昨年秋の明治神宮大会で優勝した明治大が始動し、ドラフト候補として注目される上田希由翔選手や、新3年の宗山塁選手などが汗を流した。

スポンサーリンク

「4冠を達成したい」

長打力のある左打者として注目される上田希由翔選手は、「(チームで)4冠を達成したいですし、チームにとっても大事な1年になる。大変だと思うけどメリハリを持って、まずチームのことを考えてやっていきたい」と今年の目標について語った。

182cm90kgの大型の一塁手で、昨年12月の大学代表候補合宿でも動きの良さを見せ、プロも注目をしている。またチームの主将として春秋のリーグ戦と日本選手権、明治神宮大会の4冠を目指す。

また、大学1年時から素晴らしい打撃と高い守備力を見せる宗山塁選手も今年3年生で20歳となるが、同じくチームでの4冠について「結果を出したい気持ちもあるけど、目の前の1試合1打席をおろそかにしないで、大事にしていきたい」と話した。

蒔田稔投手・村田賢一投手の計算ができる二枚看板がおり、上田選手・宗山選手の軸がしっかりと機能すれば、東京六大学リーグ3連覇と4冠の達成は見えてくる。

2023年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
明大 戦後初リーグ3連覇へ 上田主将「本塁打増やしたい」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 戦後初のリーグ3連覇を狙う明大が都内のグラウンドで始動した。午前9時、球場の左中間にある島岡元監督の胸像の前で全員が集合。上田主将が「多くの方に支えられている。感謝の思いを持って戦っていきましょう」とあいさつし、校歌を歌ってスタートした。
明大の上田希由翔主将、徳川家康生誕の地にて初詣で英気十分「4冠を達成したい」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
昨年の大学選手権で優勝した東京6大学の明大が9日、府中市内のグラウンドで今年初の練習を行った。恒例のポール間走ではなく、グラウンド約300メートルを一周するタ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
明大宗山塁、20歳の誓い「より責任を伴うようになる」戦後初リーグ3連覇と4冠へ練習始め - アマ野球 : 日刊スポーツ
東京6大学の明大・宗山塁内野手(2年=広陵)が9日、20歳の誓いを掲げた。府中市内のグラウンドで、練習始めを行った。宗山は1年春からリーグ戦出場を重ね、すでに… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント