法政大が始動、主将で打撃の良い遊撃手・今泉颯太選手が日本一目指す

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

法政大が今年の初練習を行い、主将の今泉颯太選手が目標について話した。

スポンサーリンク

「個人の成績がついてこないと」

今泉颯太選手は主将として今年のチームスローガン「克」を掲げた。昨年は春4位、秋は5位と低迷し、「自分に克つ。相手に克つ。そして、下克上の意味を込めました」と今年は克つ年にすることを誓った。

そして今年の目標を日本一とし、「達成するには、個人の成績がついてこないと。ベストナイン、首位打者と形になるものが取れれば、近づいてくるのかなと思う」と話す。

今泉選手は昨年、春のリーグ戦で5番サードなどで出場し、3本塁打を放った。秋は4番ショートで出場し、成績としては1本塁打、打率.233と苦戦したものの、12月の侍ジャパン大学代表候補合宿ではフリー打撃で打撃の良さを見せていた。

あと少し、スイングスピードが速くなって、150キロ級の球をしっかりとあわせられるようになれば、一気に開花する打撃を持っていると思う。ショートにこだわるかは置いておき、やはり最初は打撃でアピールをしてほしいと思う。期待は大きい。

2023年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】 箱根駅伝を刺激に日本一を誓う法大の今泉颯太主将 「執念を見習いたい」
 東京六大学リーグの法大が9日、神奈川・川崎市の同校グラウンドで新年の初練習を行った。
法大・今泉主将 頂点へ「ベストナインと首位打者を獲る」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 法大は川崎市内のグラウンドで始動した。今秋ドラフト候補で主将も務める遊撃手の今泉はノックなどで汗を流し「(今年)初めての練習でしたけど、みんな動けていた。よかったと思います」と振り返った。
法大の今泉颯太主将、達筆なスローガン「克」したためる「自分にかつ、相手にかつ、下克上」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東京6大学の法大は9日、川崎市内のグラウンドで今年初の練習を行った。昨秋の5位から巻き返しを狙うシーズン。加藤重雄監督は「去年の悔しさをはね返す1年にするため… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント