東妻純平, 山瀬慎之助

千葉ロッテは、今秋のドラフト会議で智弁和歌山・東妻純平捕手の指名を検討している。兄の東妻勇輔投手が昨年のドラフト会議で2位で指名されており、純平選手も2位の指名が有力。

森下暢仁, 及川雅貴, 佐々木朗希, 奥川恭伸, 西純矢

千葉ロッテは6月14日にZOZOマリンでスカウト会議を開き、ドラフト1位候補を8人に絞り込んだ。

明治大, 森下暢仁

今年の大学野球選手権で初登板した明治大の森下暢仁投手、東都覇者・東洋大を相手に、最速152キロ、108球で完封した。12球団のスカウトから絶賛の声が挙がっている。

東海大, 海野隆司

東海大の海野隆司捕手がその力を十分に発揮し、2度の盗塁阻止と逆転打を見せ、視察している12球団のスカウトにアピールした。

青森山田, 堀田賢慎

青森山田の185cm右腕・堀田賢慎投手が、春季東北大会の2回戦・盛岡四戦で、最速148キロを記録した。この試合には12球団のスカウトが視察に訪れている。

JR東日本, 太田龍

都市対抗野球東京2次予選では、JR東日本が明治安田生命に勝利して本戦出場を決めた。ドラフト1位候補の太田龍投手が153キロを記録し、ネット裏には日米10球団のスカウトが投球を見守った。

佐々木朗希, 大船渡高

北海道日本ハムが大船渡高・佐々木朗希投手の1位指名を公表したことに、東北楽天の石井GMが反応した。この日は10球団18人のスカウトが視察をしたがMLBは1球団のみだった。

東芝, 宮川哲

東芝の宮川哲投手が、都市対抗西関東2次予選の三菱日立パワーシステムズ戦で先発し、初回に自己最速の154キロを記録した。

明治大, 森下暢仁

明治大の森下暢仁投手は、優勝に王手をかけた試合で7回まで1安打無失点投球を見せていたが、8回に同点に追いつかれれ、引き分けに終わった。それでも151キロのストレートに千葉ロッテスカウトは絶賛をしている。

東海理化, 立野和明

都市対抗東海地区2次予選で、東海理化の152キロ右腕・立野和明投手がトヨタ自動車との対戦で登板し、10球団41人のスカウトが集結した。

スポンサーリンク
PAGE TOP