優勝できるチームの作り方(3) オペレーション型とプロジェクト型

 

資金の潤沢な球団はそれを使って常に戦力補強をし、上位をキープしつづけて常に優勝を狙うチームを作れる。これをオペレーション型としましょう。
資金の潤沢ではない球団は、プロジェクト型で5年で優勝などの目標をつくって5年後の優勝を目指してチームを作っていく。そして優勝すれば収入は増えるので、その後オペレーション型に移していければいいのですが、プロジェクト型で戦力補強をしているとその後の世代の補強が薄くなっている事が多いので、この移行作業が非常に難しいですね。
広島はエース前田や大竹などの台頭により、その下準備ができたと判断して、FAで内川を取りに行くなど、優勝が射程圏内に入ってきたような動きを見せました。
一方横浜は、筒香というきっかけが見え始めていますが投手にそれが現れていません。しかし昨年、今年とFAやトレードでいろんな選手を獲得しています。(若手を育ててくれるリーダー的選手や若手投手を成長させてくれる捕手の補強という理由ならば少しは理解できますが。)
横浜で言うと1998年の優勝はプロジェクト型の集大成だったと思います。
確かに抑えの佐々木の存在が大きいですが、69年度生の野村、斉藤隆、島田直、五十嵐、進藤、70年生まれの石井、谷繁、佐伯、波留が中心になって優勝しています。
高校生で獲得した野村、進藤、石井、谷繁と、大学社会人で獲得した斉藤隆、五十嵐、佐伯、波留、それにトレードで島田直也を獲得し、見事も同世代を集めました。
あれだけ盛り上がったので収入も本来であればかなりあったでしょう。(3万人しか入れない横浜スタジアムが残念、また横浜スタジアムとの契約で球団にどれだけ利益があったかというのはわかりません)
しかし、その優勝の勢いに乗り切れず、佐々木、谷繁が抜け、一気にダウンしてしまいました。同世代を集まれば年俸も同じように伸びるし優勝すれば一気に上がるなど、プロジェクト型にはこういうリスクもあるわけですね。
まずはプロジェクト型で目標を立てて、3年間は優勝を捨てて失敗しても若手を使い続けて、それがファンに見える形であるならば、ファンは許せるし希望があって楽しみなので、離れたりしないと思うのですが。

PAGE TOP