佐々木投手を巡る、12球団のドラフト指名の動き

北海道日本ハムが大船渡・佐々木朗希投手の1位指名を公表した事で、他球団の動きも注目される。日刊スポーツでは現時点での12球団の動向を書いており、これを参考に12球団の今後の動きなどをまとめる。

◎北海道日本ハム

佐々木朗希投手の1位指名を公表した。先発投手にやや苦労をしており、抽選で外した場合も及川雅貴投手、西純矢投手、JFE西日本の河野竜生投手、東海理化・立野和明投手、東芝・宮川哲投手、JR東日本・太田龍投手、東北福祉大・津森宥紀など、まだ指名をされていない投手の1位指名をしていく。

ただし、昨年に引き続き野手の獲得も補強ポイントの一つで、これらの投手がいなくなった時には、東海大・海野隆司選手など、補強ポイントで高い評価をした選手を1位指名しそうだ。他にも、捕手で慶応大・郡司裕也選手、内野手で桐蔭学園の森敬斗選手、また国士舘大・高部瑛斗選手や慶応大・柳町達選手などをチェックし2位以降は野手の指名が多くなりそうで、昨年のように投手を多く指名するという事もなさそうだ。

◎福岡ソフトバンク

佐々木投手にはU18の代表候補合宿で全スカウトが集結をしており、永井スカウト部長が「12球団競合でしょう」と話している。例年、福岡ソフトバンクもその年のNO.1選手を指名しており、佐々木投手の1位指名が濃厚とみられる。

◎東北楽天

石井GMが日本ハムの佐々木投手1位指名に反応し「早いですね」と反応。「ごく限られた中の1位候補の一人、トップ5に入ってくる」としており、まだ一人に絞っているわけではないが、上位5人に入っている。スカウト会議は大学野球選手権中となる2週間後に行う予定。地元の逸材にどのように対応するか、現実的な判断もする石井GMの考え方が注目される。

◎埼玉西武

投手不足の状態がここ数年続いており、昨年までは即戦力投手の獲得を目指していた。しかし、浅村選手が抜けたり、今後、秋山選手の動向なども気がかりで、高校生投手や野手など幅広く見ている。6月に行う予定のスカウト会議では200人前後に絞り込む。

◎千葉ロッテ

井口監督は将来性を重視した戦力で、2017年は清宮選手を指名した後に安田選手を、2018年は藤原選手を1位指名した。野手中心のドラフトだったが、今年は投手に候補が多いことから、1位は高校生投手の指名が有力とみられる。星稜とのつながりもあり、奥川投手の指名も考えられる。

またチームでは一番若い捕手が正捕手の田村選手という事もあり、若い捕手の獲得を目指す。平沢選手と一緒にプレーをしていた郡司裕也捕手、打撃も良い東洋大の佐藤都志也捕手などが有力で、2位までには指名しそうだ。

◎オリックス

チームは即戦力投手を続けて指名しており、投手中心の守りの野球を掲げているものの、チームは打撃が深刻な状況。それでも佐々木投手の1位指名を軸としており、さらに先発陣を万全にしていく。2位以降では東邦の石川昂弥選手やパナソニックの片山勢三選手など打撃のある内野手を中心に指名をしていく。

◎広島

スカウト会議でドラフト1位候補16人を挙げ、佐々木投手、奥川投手、西投手や明治大の森下投手を挙げている。先発にやや苦しむところがあり、苑田スカウト統括が熱心に視察する東京六大学の森下投手を選択する可能性が高く、また東芝の宮川哲投手を高く評価している。

◎阪神

佐々木投手、奥川投手、及川投手、西投手の四天王をマークし、佐々木投手、奥川投手には必ずスカウトが姿を見せている感じで徹底マークをしている。ただし、藤浪選手を育てる事にやや苦しんでいる事もあり、球団内では佐々木投手や及川投手、JR東日本の太田投手のような素材型ではなく、奥川投手や森下投手、JFE西日本の河野竜生投手、東海理化・立野和明投手といった完成度の高い選手を優先するような意見も出てくるかもしれない。

◎巨人

5月にスカウト会議を行っており、佐々木投手、奥川投手など10人をAランクとしている。原監督は抽選には弱いものの、チーム力にもある程度の余裕をもっており、佐々木投手の1位指名で来そうな気配だ。

ただし、小林捕手を正捕手としてまだ認めていないようで、東海大の海野隆司捕手を上位で指名しそうだ。また左腕投手の獲得も続けるとみられ、JFE西日本の河野竜生投手なども候補として挙がりそうだ。

◎DeNA

高田GMが完全に離れてのドラフト戦線となるが、佐々木投手の他に、明治大の森下投手、国学院大の横山楓投手など即戦力投手も視察している。ただし、先発投手は今永投手、濱口投手、東投手がおり、上茶谷投手や大貫投手、さらに阪口投手、飯塚投手、京山投手などが競争する状況になっている。逆に野手は筒香選手がメジャー移籍を希望しており、宮崎選手や大和選手、伊藤捕手、ロペス選手などベテランがプレーする状況になってきている事もあり、捕手・内野手・外野手が補強ポイントとなる。

1位は投手指名かもしれないが、2位以降では東海大の海野隆司捕手、東洋大の佐藤都志也捕手、国士舘大・高部瑛斗選手、桐蔭学園・森敬斗選手など野手中心の指名になりそうだ。

◎東京ヤクルト

橿渕スカウトグループデスクが佐々木投手を熱心に視察し、「次元が違う」と評価している。チームは昨年は2位、今年も上位で戦っていたが連敗で下位に沈むなど、まだ安定はしていない。先発投手、レギュラー陣がベテランが多く、若い選手によるチーム作りが必要で、その証として佐々木投手の1位指名が濃厚とみられる。

6月中にスカウト会議が行われる予定。

◎中日

チームはまだ下位にいるものの、高橋周平選手がようやく台頭し、清水投手など若い投手も結果を出し始めた。また昨年は地元の根尾選手を獲得出来た事で地元に大きな盛り上がりがあり、白井オーナーも大満足。今年もドラフトの目玉クラス、そして地元の逸材を中心に狙ってきそうだ。投手では星稜の奥川投手に音スカウトが密着マークをしており1位指名は固そうだ。また、東邦の石川選手を外れ1位か2位で指名し、昨年に続いて地元に勢いをもたらせる方針か。

2019年ドラフト指名予想 


PAGE TOP