横浜DeNA、ドラフト4位・赤堀大智、ドラフト6位・宮崎敏郎選手と仮契約

宮崎敏郎, セガサミー, 赤堀大智

 横浜DeNAがドラフト会議で4位指名したセガサミーの赤堀大智選手、6位指名した同じくセガサミーの宮崎敏郎選手と仮契約を結んだ。赤堀選手は契約金5000万円、年俸950万円、宮崎選手は契約金3500万円、年俸850万円。

 赤堀選手は188cmの大型外野手で、ホームランの力もあるが巧みな打撃を見せるアベレージヒッター。守備や肩も堅実なプレーを見せる選手。外野手はラミレス、荒波に加え福岡ソフトバンクから多村仁志選手が移籍してくる。選手会長となった下園や森本稀哲、昨年のドラフト5位で頭角を現しつつある乙坂智など激戦区となっている。ただし多村選手やケガが多く、ラミレスも試合途中に交代する。まずは1軍ベンチ入りしてチャンスをつかんでほしい。

 また宮崎選手は172cmと小柄だがガッチリとした体から強烈なパンチ力を持ち、チャンスにホームランを放つ選手。セカンドが有力だがサードも含めて、石川、筒香、ドラフト1位の白崎浩之といった選手と争うことになる。こちらも社会人でスラッガーとして活躍してきただけに1年目から勝負だ。

 

 DeNAがドラフトで指名したセガサミーの2選手、4位の赤堀大智外野手(25)=188センチ、91キロ、右投右打=と、6位の宮崎敏郎内野手(23)=172センチ、84キロ、右投右打=の入団が7日、決まった。赤堀は契約金5000万円、年俸950万円、宮崎は契約金3500万円、年俸850万円で合意した。(金額は推定)


PAGE TOP