横浜商大・岩貞祐太投手、西宮悠介投手が3日・横浜DeNAとの交流戦に登板へ

大学野球ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 今年のドラフトの注目左腕投手、横浜商大・岩貞祐太投手と西宮悠介投手が、3月3日の横浜DeNAとのプロアマ交流戦(ベイスターズ球場)で登板することが分かった。

 岩貞祐太投手は182cmの大型左腕投手で146km/hのストレートに大きく曲がるスライダー、チェンジアップなどを投げる安定度の高い投手。全日本代表の常連メンバーとなっており、貴重な左腕投手として実績がある。

 西宮悠介投手は179cmで最速148km/hを誇る速球派投手。フォームはオーソドックスでシンプル、球が走っているときは安心感があるが、調子に波があるなど課題もある投手。

 プロ注目の2人の左腕が横浜DeNAの2軍を相手にどのようなピッチングをするのか、プロの打者との対戦で実力を示したい。

 

 神奈川大学リーグ・横浜商大のドラフト候補左腕コンビ、岩貞祐太と西宮悠介(ともに新4年)の両投手が、DeNAとのプロアマ交流戦(3日・ベイスターズ球場)に登板することが28日、分かった。プロ相手の投球次第で、さらなる評価アップが期待される。

 
 学生野球は3、8月に限り、プロとの交流戦が解禁されている。このほか、米国キャンプをスタートさせている東京六大学リーグの明大は米大リーグ・ドジャース傘下のマイナーチームとオープン戦を現地の12、14日(日本時間13、15日)に行う予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント