東北楽天・石井GM、佐々木投手絶賛も「デメリットあれば野手も獲りたい」

佐々木朗希

東北楽天の石井GMが、GM就任後に初めてアマチュア野球を視察し、佐々木朗希と絶賛した。しかし。

佐々木投手絶賛

石井GMは佐々木朗希投手について、「良い球を投げていましたね。即戦力に近い、未完の大器」と話し、「プロに入ってもトップレベルの投手に育つことは間違いない」と絶賛した。そして、「場数を踏ませるプランを作らないといけない。下でずっと使えば育つものでもない」と、入団後のプランについても頭を巡らせていた。

しかし、他に奥川恭伸投手、森下暢仁投手などを見ており「アマチュアBIG3だと思う」と話したものの、「あまりにデメリットがあれば野手を取りたい。もう少し議論をしないと」と話した。指名の競合があまりにも多くなる場合には、この3人で誰を指名するかではなく、野手の指名も検討するという。

東北楽天は昨年のドラフト会議の1位指名で藤原恭大を指名し、抽選で外すと辰己涼介選手を指名した。そして2位では太田光捕手を指名し、石井GMは投手出身だが、野手中心の指名を行い、長い間、外国人が中心になっている野手陣を強化し、チームのバランスを考えた指名を行った。

今年も補強ポイントを野手の強化としているようで、もし1位で指名すべき選手がいれば、佐々木投手などを回避して1位指名する可能性もあったかもしれない。たしかにレベルの高い捕手が多い事もある。しかし、今年のドラフト候補を見る限りは、この3人を回避してでも1位指名が必要という野手はいないのではないかとみられる。

この日、同じくしさつした立花球団代表は、具体的に選手の補強についての口は挟まないものの、「良い縁があって東北を代表する球団のうちに来て活躍してくれればありがたい」と佐々木投手にラブコールも送っており、これからの議論の中で方針が決まっていく。

東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト会議
2019年度-特Aランクのドラフト候補リスト

星稜・奥川、明大・森下とともに「アマチュアBIG3だと思う」と最高評価をしつつも、「あまりに(競合の)デメリットがあれば野手を取りたい。もう少し議論をしないと」とし、チームプランと照らし合わせながら、慎重に1位指名を決める姿勢を示した。


PAGE TOP