早大3年・有原航平投手が154km/h速球で7回3安打無失点、1段成長したピッチングに巨人スカウト1位評価

大学野球ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 東京六大学リーグの早稲田大vs明治大の試合で、早大のエース・有原航平投手が1段階成長したピッチングを見せた。

 有原投手は広陵高校時代から150km\h近いストレートを投げ、大学で152km/hを記録するなど速球派として知られていた。しかし、そのストレートを痛打される場面も見られ、それだけの球を持ちながら大学2年生まで7勝6敗、防御率4.12と成績を残せずにいた。

 しかし昨年秋に2番手として4勝を挙げ成長のきっかけを見せると、冬を越したキャンプで安定感を見せてエース番号11を手にして、先日の東大戦での7回2安打7奪三振無失点の好投を見せていた。

 この日は手が付けられないピッチングだった。ストレートは球場の表示で153km/hを3回記録、巨人のスピードガンは154km/hを記録し、ドラフト候補の揃う明大打線を7回3安打で無失点、2奪三振と奪った三振は少なかったが「真っすぐで詰まらせられたのが良かった」と、ストレートの球威を利用し打たせて取った。

 この投球に巨人・山下スカウト部長は「来年の目玉、今年のドラフトに入っても1位になる」と1位評価をした。来年は済美・安楽智大投手や中大・島袋洋奨投手などの1位候補がいるが、1段階成長したピッチングを見せ有原投手もドラフトの目玉となる。

 また早大はリリーフで昨年の春季リーグ戦で7勝を挙げ優勝に貢献していた2年生・吉永健太朗投手が登板し、2イニングを1安打4奪三振で無失点、1失点したものの自責点0のピッチングを見せた。キャンプが不調で先発を有原投手と高梨雄平投手に奪われている。吉永投手は「久しぶりの登板で緊張して力んでしまった。」と話し、先発を外れたことについて、「悔しさがある」と話した。3年生エースの二人を超えなければ、先発で投げられるのは4年生となってからの1年間だけとなってしまう。2015年のドラフト1位候補としては何としても今年、来年に再びエースの座を取り返したいところだろう。

早大1200勝!有原、7回0封/東京六大学  - サンケイスポーツ:2013/4/28

 1925年秋のリーグ戦スタート以来、これで通算1200勝。早大のエースナンバー「11」を背負う有原が、1901年創部の名門に、新たな勲章を加えた。

 「力を入れずに速いボールを投げることを目指してきた。真っすぐで詰まらせたのがよかった」

 五回一死一、三塁のピンチも動じず、真っすぐで押した。後続を149キロで三邪飛、152キロで三飛に仕留めた。7回3安打無失点。前週の東大1回戦は七回一死まで完全試合ペースで7回2安打無失点。昨秋からのポール間のダッシュで下半身が絞られ、踏み出す際に開き気味になる左膝の修正もできている。

 真っすぐに140キロ前後のツーシーム、カットボール。さらにカーブとスライダーで翻弄。三回には球場表示で自己最速タイの153キロもマークした。視察した巨人・山下スカウト部長は「ウチのスピードガンでは154キロ。簡単には出ない。来年の即戦力NO・1でしょう」と絶賛。来秋のドラフトの目玉だ。

 早大は投打がかみ合い、通算1200勝をマークした。岡村猛監督は「諸先輩方が積み重ねてきたところに、きょう勝ててうれしい」と喜んだ。5番に座った小野田は初回に先制の二塁内野安打を放つと、3、6回にも適時打を放ち3安打3打点。「全力疾走とか、小さなことから徹底していてそれがチームの結束力につながっている。(1200勝の)記録の試合で打てて光栄」と振り返った。先発した有原は自己最速タイの153キロを計測するなど7回を3安打無失点。20日の東大戦から14イニング連続無失点に「真っすぐで打者を詰まらせることができた。節目に勝つことができて良かった」と胸を張った。

有原最速154km/h  - ニッカンスポーツ・コム:2013/4/28

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント