巨人、近大の佐藤輝明選手をドラフト1位で指名へ

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース スカウト会議

巨人は8月28日に編成会議を開き、ドラフト1位で近畿大の佐藤輝明選手を指名することを決めた。

1位指名は即戦力外野手

編成会議の終了後に大塚副代表はドラフト会議の指名について、「1位は野手の即戦力。外れたらピッチャー。次の野手は行かない。投手も去年は高校生にいったけど、即戦力。頭数が足りない」と話し、ドラフト1位では即戦力の野手を指名し、獲得できなかった場合には即戦力投手を指名するという方針をを明らかにした。

また大塚副代表は「うちが今足りないのはピッチャーと外野手。特にパワーヒッターが足りない」と話し、長打を打てる外野手の獲得を狙っていることを示唆した。

今年のドラフト候補外野手のパワーヒッターの中で、しかも大塚副代表が抽選で外した場合も示唆したことから、1位指名の競合の可能性があるのは近大の佐藤輝明選手とみて間違いない。佐藤選手は現在は主にサードを守っているが、外野手としても出場をしており、二岡選手の持つ関西学生リーグの通算ホームラン記録まであと2本の11本塁打を放っている。

巨人は内野手で右の岡本選手が4番を打っているが、佐藤選手は左の大砲でバランスも良く、また外野手として50m6.0秒の足もあり、広い守備範囲を見せる。巨人は昨年から視察を続けていた。

外れ1位は即戦力投手指名

大塚副代表は外れ1位では投手を指名すると話した。野手で他にドラフト1位で指名すべき即戦力の選手はいないと判断したものとみられる。

即戦力投手は大勢いるが、早大の早川隆久投手、トヨタ自動車・栗林良吏投手などは外れ1位では残っていないと思うが、苫小牧駒大・伊藤大海投手、慶応大・木澤尚文投手、八戸学院大・大道温貴投手に、故障から復活を目指す東海大・小郷賢人投手、これから浮上してくるかもしれない明治大の入江大生投手、Honda・小野大夏投手、三菱日立パワーシステムズの伊藤優輔投手などが挙げられる。

高校生でも即戦力と評価できる中森俊介投手などがいるものの、「去年は高校生にいったけど即戦力」と発言している事から、高校生の即戦力投手の可能性はかなり少ないとみられる。

また、1位で即戦力投手の指名となった場合、2位以降で外野手の獲得を狙う。その場合にはJFE東日本の今川優馬選手、早稲田大・瀧澤虎太朗選手、中央大の五十幡亮汰選手などが挙がるが、パワーヒッターとしては今川選手か瀧澤選手が有力。ただし無理に指名はせず、ドラフト会議では豊富な即戦力投手を指名して、外野手は外国人での補強に切り替える可能性もある。

支配下は5,6人、育成ドラフトで10人前後指名

また大塚副代表は「スタートは63、64人にしたい。10人は外すか育成にするしかない」と話し、現在の支配下選手の69人から10人減らし、ドラフト会議では即戦力を中心に5,6人を指名して63人前後とし、その後、外国人補強などで来年の開幕まで戦力を補強していく。

また育成枠では10人前後を指名する予定で、大崎中央の氏家蓮投手、桐生第一・蓼原慎仁投手の高校生投手や、福岡工大城東の誉田貴之選手、立正大淞南の谷川唯人選手、京都先端科学大の喜多隆介捕手といった捕手の指名がありそうで、捕手については上武大の古川裕大選手、立命館大の榮枝裕貴選手、創価大の萩原哲選手などを3位前後で指名するかもしれない。

2020年ドラフト指名予想
 2020年ドラフト指名予想です。
読売ジャイアンツのドラフト指名予想
読売ジャイアンツ公式ページ 読売ジャイアンツドラフト掲示板 読売ジャイアンツ過去のドラフト指名読売ジャイアンツ/ドラフト最新記事以前のニュースはこちら補強ポイント分析2019年ドラフト会議指名選...

巨人の今オフの補強ポイントは長打力のある外野手と先発投手。10月26日のドラフト会議まで2か月を切った時点での早期方針表明には、今秋の候補の事情も大きく働いた。比較的“豊作”と言われる投手に比べ、野手は即戦力が少ないという。佐藤は阪神、DeNAなども高く評価しており、競合となる可能性もあるが「万が一外れても投手はそろっている」と大塚副代表。仮に抽選の末、佐藤の交渉権を獲得できなくても、1位クラスの即戦力投手は残っているという見立てだ。

≪戦力外通告の人数例年以上の見通し≫大塚副代表は来季以降の戦力構成にも言及。「「今(支配下登録選手が)69人なので(来季の)スタートを63、4にしたい。10人を外すか、育成に持っていくかしかない」と、例年より多く戦力外通告する可能性を示した。一方で、今秋ドラフトでは育成選手を10人前後指名する見込みとした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント