福岡ソフトバンクがドラフト3位指名の牧原巧汰選手と仮契約、「玄人、職人タイプでソフトバンクの文化を継承」

2020年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

福岡ソフトバンクは、ドラフト3位で指名した牧原巧汰選手と、契約金5000万円、年俸550万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

ソフトバンクの文化を継承

牧原巧汰選手は、高校通算29本塁打の強打の捕手として注目され、肩も二塁まで1.8秒台を記録する。

プロ野球で日本一4連覇をしているソフトバンク、甲斐選手の巧みなリードと強肩が光るが、福山アマスカウトチーフは、「打てる捕手で、バットコントロールは近年の高校生でトップクラス。玄人、職人というタイプでウチの文化を継承していける選手だと思う」と話し、ソフトバンクの将来を担う選手と評価している。

牧原選手は日本シリーズを見て「強いな、自分がここに入っていいのかと思って見ていた」と話したが、「これからは野球が仕事になる。早く素晴らしい施設で野球がしたい」と目を輝かせた。

ソフトバンクには、将来も明るい輝きを放つ選手が集う。

ソフトバンクD3位の牧原が仮契約 「これからは野球が仕事」
 ソフトバンクからドラフト3位指名された日大藤沢高の牧原巧汰捕手(18)が25日、横浜市港北区の新横浜プリンスホテルで入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸5…
ソフトバンク・ドラ3牧原 日本シリーズに刺激「チームを優勝に導ける捕手に」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 ソフトバンクのドラフト3位・日大藤沢の牧原が横浜市内の新横浜プリンスホテルで契約金5000万円、年俸550万円で仮契約を終えた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント