DeNA、ドラフト4位指名の小深田大地選手と仮契約、背番号44

2020年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

DeNAは、ドラフト4位で指名した履正社・小深田大地選手と、契約金4000万円、年俸560万円で仮契約を交わした。背番号は佐野選手がつけていた44に決まった。

スポンサーリンク

左の佐野

小深田大地選手は昨年の夏の甲子園で3番サードで出場し、井上広大選手(2019年阪神2位)とともに強打線の中軸を担った。1年生の頃から安田二世と注目され、高校で通算34本塁打を放った。

特筆しているのは懐の深さ。変化球にも対応して食らいつき、なかなか三振をしない粘りがある。長打だけじゃなく、アベレージも残せそうな打撃としては、今年DeNAで4番をうち、首位打者に輝いた佐野恵太選手が思い浮かぶ。

その佐野選手が背番号7へと代わり、今年までつけていた44を小深田選手が受け継ぐ。サードの守備はまだ課題があり、さらに、強打の内野手ではドラフト2位の牧秀悟選手などライバルは多い。

「ホームランにこだわりたい」と話した小深田選手、まずは来年、ファームで2桁本塁打、できれば20本近くまで打って欲しい。それができれば、そのまま佐野選手の道を進んで行ける。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
履正社高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
DeNAドラ4・小深田が仮契約 背番号は佐野の44「超えられるような打者になりたい」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 DeNAのドラフト4位・履正社の小深田が大阪市内のホテルで契約金4000万円、年俸560万円で仮契約。「仮契約を終え、改めて気の引き締まる思いです」と初々しく語った。
DeNAドラ4位指名・小深田、佐野の背番号「44」後継者
 DeNAにドラフト4位で指名された小深田大地内野手(17)=大阪・履正社高=が25日、大阪市内のホテルで入団交渉し、契約金4000万円、年俸560万円で合意した。
DeNAドラ4・小深田 佐野の背番号44を継承「伝説つくる」/デイリースポーツ online
 DeNAドラフト4位の小深田大地内野手(17)=履正社=が25日、大阪市内で契約金4000万円、年俸560万円で合意した。 「首位打者を狙っていって(将来的には)主砲と呼ばれる選手になりたい」と目標を掲げた。背番号は佐野がつけていた「44」に決定。「後継者になれるよう、その背番号で伝説をつくっていきたい」と意気込んだ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント