西武がドラフト4位指名の羽田慎之介投手と、契約金4000万円・年俸600万円で仮契約

2021年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

埼玉西武は、ドラフト4位で指名した八王子学園八王子の羽田慎之介投手と、契約金4000万円、年俸600万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

一番思い入れのあるチーム

羽田慎之介投手は191cmの大型左腕投手で、2年秋にエースとして投げてチームを都大会ベスト8まで導いた。その後は肘の故障などもあったが、長身から149キロの速球を投げる左腕とあり、多くの球団が注目をしていた。

その羽田投手は埼玉西武の本拠地・所沢の出身で、「小さい頃からテレビで見たり、球場に足を運んでいた。12球団の中でも一番思い入れのあるチーム。そこでできるのはうれしい」と話す。小学校6年時には12球団ジュニアトーナメントで、西武ライオンズジュニアでプレーしていた。

潮崎編成ディレクターは、「体が出来上がった2、3年後が非常に楽しみ。他を圧倒するような、左打者がもう嫌だと言うようなピッチャーになってもらいたい」と期待をする。

ジュニア時代は背番号18をつけていた羽田投手。西武の18といえば松坂大輔投手だが、「もちろんエースナンバーなので、付けられるような選手になりたい」と話した。

潜在能力は非常に高い。今年のドラフト会議でも、故障がなければ2位までに指名されていた可能性もある。まずは故障をしっかりと直し、力をいれて投げるようになりたい。それだけでも目を引く事になるかもしれないが、その上で、故障をしないくらいの力でもプロで勝負できるくらいの力をつけたい。

【2021年ドラフト総決算8】12球団ジュニアチームに出場していたドラフト指名選手
ドラフト会議で指名された選手は、小学6年生の時に12球団ジュニアトーナメントですでに選ばれていた選手がいます。
2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

身長191センチで、左腕。本人は「言われるのはうれしいですが、正直、あまり似ているとは思っていない」と苦笑いするが、和製ランディ・ジョンソンとも呼ばれる。潮崎編成ディレクターも将来像として「ランディ・ジョンソン」の名を挙げ、スケールの大きな投手に育つことに期待を寄せる。「体が出来上がった2、3年後が非常に楽しみ。他を圧倒するような、左打者がもう嫌だと言うようなピッチャーになってもらいたい」と今後を思い描いた。最速149キロの直球に加え、右打者膝元へのスライダーも高く評価する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント