阪神、来年ドラフトは遊撃手&捕手中心に、坂本誠志郎捕手など候補

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 阪神は来年のドラフト会議について、遊撃手と捕手の選手の補強をポイントとすることが分かった。遊撃手では仙台育英の平沢 大河選手や天理の貞光 広登選手、捕手では明治大・坂本 誠志郎選手の名前が挙がる。

球団幹部明かす

 阪神の球団幹部は、「来年の補強ポイントは野手。特に遊撃手と捕手が焦点になってくる」と話した。

 投手については、2012年に藤浪晋太郎投手、2013年に岩貞祐太投手、そして2014年は横山雄哉投手と石崎剛投手と上位で投手を指名しており投手については整備が進んでいると判断している。逆に野手については鳥谷選手がメジャー移籍を目指してFA宣言をし、捕手もベテランが中心となっており、世代交代を進める必要があると判断しているようだ。

 遊撃手については鳥谷選手が長年一人で守ってきており控え選手の層も薄く、ポスト鳥谷として候補に挙がる北條史也選手なども経験も少ない。これから数年は何人かを使って競争させながら育てていく必要があり、層を厚くする意味でも遊撃手の数を揃えなければならない。

 捕手については梅野隆太郎選手などここ数年捕手を取り続けているが、藤井、鶴岡といったベテランから若手主体に世代交代するうえで、ドラフト上位で獲得できるような実績があり確実性の高い捕手の獲得という事になる。

 

候補は

 デイリースポーツでは2015年の主なドラフト候補として以下の選手を載せている。

  氏名所属身長体重投打

高校

投手吉田凌東海大相模181cm72kg右右
小笠原慎之介東海大相模178cm82kg左左
高橋純平県岐阜商183cm76kg右右
永谷暢章履正社187cm87kg右右
内野手平沢大河仙台育英176cm71kg右左
貞光広登天理174cm69kg右左
大学生投手熊原健人仙台大178cm76kg右右
多和田真三郎富士大180cm70kg右右
上原健太明治大190cm85kg左左
今永昇太駒澤大176cm73kg左左
唐仁原志貴福岡大184cm80kg左左
捕手坂本誠志郎明治大175cm76kg右右
内野手大城滉二立教大175cm70kg右右
外野手谷田成吾慶応大183cm86kg右左
高山俊明治大181cm84kg右左
社会人投手関谷亮太JR東日本180cm82kg右右
横山弘樹NTT東日本187cm85kg右左
内野手河合完治トヨタ自動車175cm78kg右左
外野手上西主起日本生命185cm85kg右右

 

 デイリースポーツでは内野手では仙台育英の平沢選手、天理の貞光選手、捕手では大学NO1捕手の明大・坂本選手が筆頭候補となりそうだと書いている。

 個人的には藤浪晋太郎投手がいるとはいえ、メッセンジャー投手が軸となっている状態で投手もまだ必要だと思うが、遊撃手のポジションの薄さはかなり危機的に近い事から、中嶋選手の補強やトレード、FAなどで今後補強を目指していくとみられる。

 来年のドラフト候補は大学ならば先発左腕投手と外野手に人気が集まるとみられる。また高校生では高橋純平投手や小笠原慎之介投手、平沢大河選手などが注目されていくとみられる。

阪神来年ドラフト、遊撃手&捕手最優先 デイリースポーツ紙面 2014/12/1

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント