大学野球日本代表合宿に41人+社会人5選手が参加、来年のユニバーシアード、アジア選手権優勝目指す

大学野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 来年のユニバーシアードやアジア選手権に向けた侍ジャパン大学代表合宿が松山・坊っちゃんスタジアムで始まり、大学生41人に加え、社会人から5選手が参加した。

 打者では法政大で21Uワールドカップにも出場した畔上翔選手、明治大で3年生でリーグ通算100安打を達成した高山俊選手、そして慶応大の4番としてこの春3本塁打を放った横尾俊建選手と、日大三出身の3選手が顔をそろえた他、来年のドラフト注目左腕の駒大・今永昇太投手、明大・上原健太投手も参加した。

 また、社会人からも練習のサポートとして、Honda・多幡雄一選手やJR東日本の関谷亮太投手なども参加をした。来年はユニバーシアードが7月1日から韓国で、またアジア選手権がタイで行われる予定。

 

主な参加選手

 参加全選手の名前は分からないが、日刊スポーツによると、以下の選手は参加しているという。

守備チーム選手名身長・体重
学年 投打
球速特徴
投手東海大学吉田侑樹187cm79kg
3年 右右
145長い手足でバッターの近くでリリースし、140km/h中盤速球と大きなカーブ武器
駒澤大学今永昇太176cn76kg
3年 左左
148線が細いが最速148km/hを外角いっぱいに決められ、この秋の明治神宮大会で全国制覇
仙台大学 熊原健人175cm70kg
3年 右右
152まだまだ荒削りだがストレートはトップレベル
創価大学田中正義186cm83kg
2年 右右
154185cmの強靭な身体があり、力を抜いたフォームで150km前後のストレートをコンスタントに投げる
明治大学上原健太190cm85kg
3年 左左
148190㎝の大型左腕投手、2年秋に防御率2位となるも今春は不調で先発を下級生に譲る
立教大学沢田圭佑178cm85kg
2年 右右
146力のある145kmの速球とカーブ、スライダー、カットなど多彩な変化球、1年からエース
帝京大学西村天裕176cm88kg
3年 右右
152常時140km/h中盤を記録する速球派、昨年合宿でも好投したが惜しくも漏れた
神奈川大学 濱口遥大172cm80kg
2年 左左
150スピンが効いた威力ある速球、春の関東学院大戦で延長10回タイブレークで最速150km/h
立教大学 沢田圭佑178cm85kg
2年 右右
146力のある145kmの速球とカーブ、スライダー、カットなど多彩な変化球、1年からエース
亜細亜大学嘉陽宗一郎186cm78kg
1年 右右
147186cmの長身から147km/hの速球とフォークボールで1年春から活躍
捕手明治大学坂本誠志郎175cm77kg
3年 右右
 肩がとても強くバッティングセンスも最強、昨年も代表を経験
内野亜細亜大学北村祥治177cm70kg
3年 右右
 高校時から大型遊撃手として注目、大学1年のリーグ開幕戦で4打数3安打2打点、延長11回にソロホームランを放つ
亜細亜大学藤岡裕大177cm73kg
3年 右左
149投げては148kmを記録し、打っても長打も打てればチャンスに強いバッティング
立教大学大城滉二175cm70kg
3年 右右
 興南高校時に春夏連続優勝、立教大でも年春から出場、プロ注目の打てる遊撃手
慶応義塾大横尾俊建175cm86kg
3年 右右
 日大三では4番として全国制覇、大学でも3年秋に3本塁打と成長の兆し
外野法政大学畔上翔178cm82kg
3年 左左
 日大三で夏全国制覇、左右に外野手の頭を超す打球を飛ばし、リーダーシップも評価
慶応義塾大学谷田成吾183cm86kg
3年 右左
 高校時代70本越えのスラッガー、今春4本塁打でホームラン王、高橋由伸2世
青山学院大学吉田正尚171cm71kg
3年 右左
 1年生で敦賀気比の4番を打つ打撃センスは、大学でもプロの関係者の目を奪っている
明治大学高山俊181cm84kg
3年 右左
 日大三の甲子園優勝メンバー、東京六大学野最多安打記録を更新できる逸材

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント