元横浜DeNA、真下貴之投手が新日鐵住金かずさマジックへ

眞下貴之, 新日鐵住金かずさマジック

 2009年に横浜ベイスターズにドラフト4位で指名され5年間で1軍登板7試合で今季オフの戦力外となった眞下貴之投手が、来年から地元の新日鐵住金かずさマジックでプレーすることが決まった。

2年後のプロの世界へ

 眞下投手は1回目のトライアウトを受けたもののプロからのオファーは無く、かずさマジックの練習生として参加をしていた。千葉県出身で東海大望洋高校の出身という事もあり、地元に戻る事となった。

 まだ23歳の眞下投手は「2年後にまたプロの世界に戻れるように頑張りたい」と話し、プロ復帰を目指していく。

 

ドラフト候補のいるかずさマジック

 かずさマジックからは2013年に岡本健投手が福岡ソフトバンクにドラフト3位で指名され、今年も左腕の加藤貴之投手が注目された。加藤投手はプロ入りを志望しなかったが、プロ志望をすればドラフト上位で指名されるとみられていた。

 来年はその加藤投手がプロ志望をするかどうか、また九共大出身で145km/hの速球を投げる相良悠馬投手など、プロも注目する選手が揃う。

 元プロの眞下投手もプロを目指す選手の中で成長の勢いを取り戻し、復帰に向けて成長をしてほしい。素質と若さがまだある。

元横浜DeNA、真下社会人 日刊スポーツ紙面 2014/12/4

 


PAGE TOP