中日ドラフト3位・古本武尊選手が打撃アピール、オリックスドラフト3位・伏見寅威捕手は3度の盗塁阻止

中日球団ニュース オリックス球団ニュース 2012年ドラフトニュース

 大学出身のルーキーも実力を見せ始めた。中日ドラフト3位の古本武尊選手が室内のフリー打撃で61スイング中37本のヒット性の当たりを記録、左目の眼窩底骨折と網膜剥離の手術を受けてからの復活の打撃を見せた。

 ケガの前までは大学屈指の強打者に、レーザービームを見せる強肩外野手としてドラフト上位候補として名前が挙がっていたが、昨年夏に打球を眼に受けて左目の眼窩底骨折と網膜剥離という重傷を負い、大学ラストシーズンは出場できなかった。

 眼のケガという事もあり、どの程度の影響があるのかが心配されたが、中日はドラフト3位で指名した。この日の打撃の結果を見てひとまず安心したし、楽しみになってきた。

 またオリックスドラフト3位の伏見寅威捕手もドラフト上位候補として注目され続けてきた選手。この日の紅白戦で1イニングに3度の2盗を阻止、ランナーを刺した。伏見捕手は「タッチしやすいように投げた。狙い通り」と話すと古久保バッテリーコーチは「本当にきれいに投げる。可能性は十分にある」と話す。

 高校時代からの強肩強打の大型選手というイメージがあるが、打撃も守備も基本の忠実で巧みな印象を受けていた。肩もセカンドまで1.x秒といったタイムで騒がれる訳ではないが、丁寧なスローイングを見せる。リードでも菅野智之投手を引っ張った経験もあり、1軍でも早い段階で定着すると思う。こちらも期待したい!

 

 中日のドラフト3位・古本武尊外野手(22)=龍谷大=が19日、高木監督に猛アピールした。1日限定で沖縄・北谷での1軍キャンプに合流し、室内のフリー打撃で快音を連発。「軸がちゃんとしている。ずっと(1軍に)置いとくかもわからん」と、指揮官をうならせた。

 

 薄暗い室内練習場でバットを振ったが、古本は的確にボールを捉えた。昨年8月に左目に自打球を当て、眼窩(か)底骨折と網膜剥離の手術を受けた。失明の危機に直面した男が61スイングで37本の安打性の当たりを放ち、「(ボールが)見えてました」と言い切った。中田スカウト部長も「見えにくい室内で見えていることが証明できた」と一安心した。

 中日のドラフト3位・古本武尊外野手(22)=龍谷大=が19日、高木監督に猛アピールした。1日限定で沖縄・北谷での1軍キャンプに合流し、室内のフリー打撃で快音を連発。「軸がちゃんとしている。ずっと(1軍に)置いとくかもわからん」と、指揮官をうならせた。

 

 薄暗い室内練習場でバットを振ったが、古本は的確にボールを捉えた。昨年8月に左目に自打球を当て、眼窩(か)底骨折と網膜剥離の手術を受けた。失明の危機に直面した男が61スイングで37本の安打性の当たりを放ち、「(ボールが)見えてました」と言い切った。中田スカウト部長も「見えにくい室内で見えていることが証明できた」と一安心した。

 新人でただ一人、1軍キャンプに参加しているオリックスのドラフト3位・伏見(東海大)が、開幕1軍を大きくアピールした。

 この日の紅白戦では1イニングで3度も二盗を阻止。「タッチしやすいように投げた。狙い通り」。昨季までの正捕手・日高が阪神にFA移籍したため、巨人・菅野の大学時代の女房役の伏見にもチャンスはある。古久保バッテリーコーチは「本当にきれいに投げる。(開幕1軍の)可能性は十分にある」と目を細めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント