デイリースポーツ、高校野球の注目野手特集

智弁学園, PL学園, 天理高, 関東第一, 加藤雅樹, 廣岡大志, オコエ瑠偉, ネイサングルラジャニ, 早稲田実業, 船曳海

 デイリースポーツでは「週刊デイリー高校野球」の中で、この秋に注目された高校生野手の特集をしている。関東第一のオコエ瑠偉選手、智弁学園・廣岡大志選手、PL学園・ネイサン グルラジャニ選手、早稲田実業・加藤雅樹選手、天理・舩曳海選手を紹介している。

オコエ選手にプロ注目

 関東第一のオコエ瑠偉は183cm82kgの体があり、ナイジェリア出身の父を持つハーフ、50m6.2秒の足があり先の塁を奪う走塁と、届かないと思う打球を捕球して、難しい体制から強い送球ができるなど抜群の身体能力を持つ。

 既にプロのスカウトも注目しており、「肩もハーフ選手特有の強さがある」と評価しているようだ。現在高校通算15本塁打、打撃が評価されるにはもう少し積み重ねるものが必要だろうが、夢は「もちろんプロ」と話す。

 今年のドラフトでオリックスから2位指名された横浜隼人の宗佑磨選手が比較の対象となりそうで、ドラフト上位での指名の可能性もある。

 ハーフと言えば、PL学園のグルラジャニ選手は長打力が注目されている。175cmと体は大きくないものの、大阪大会では1試合2本塁打、また近畿大会の近江戦では小川良憲投手からバックスクリーン左に特大ホームランを放っている。こちらはパワーに注目が集まる。

 

智弁学園からは2年連続ドラフト指名の可能性も

 今年、巨人からドラフト1位指名を受けた智弁学園・岡本和真選手、その岡本選手の前後を1年時から打ってきたのが広岡大志選手で、明徳義塾の岸潤一郎投手から甲子園でホームランを放つなど長打力も見せる。サードの守備でも高い評価をされるなど、岡本選手のようなスラッガーというよりは総合力で評価されそうだ。

 奈良県では天理高校が強さを見せた。そのチームを引っ張ったのが舩曳選手で、近畿大会では先頭打者として高い走塁能力を見せた。プロのスカウトも「舩曳の足と広岡のバッティング」と二人が注目されている。

 

高校通算30本塁打、早稲田実業・加藤選手

 そしてもう一人、早稲田実業・加藤雅樹選手に注目が集まる。一本足打法でこの夏も注目されると、秋季大会でもホームランを放ち高校通算本塁打は30本となった。捕手でもあり、捕手としての能力を見せれば、打てる捕手として評価はぐんぐん上がっていくだろう。

週刊デイリー高校野球、輝ラリ★秋季大会の注目選手 野手編 デイリースポーツ紙面 2014/11/12

 


PAGE TOP