社の147キロ右腕・藤本竜輝投手にプロスカウト「関西の投手の目玉」

高校野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

昨年のドラフト会議では、OBの近本光司選手と辰己涼介選手がドラフト1位で指名された社高校、今年は現役で147キロの速球を投げ、プロのスカウトが「関西の投手の目玉」と評価する藤本竜輝投手が注目される。

スカウトの評価高く

藤本竜輝投手は179cmの右腕で最速147キロの速球を投げる。やや状態から投げている感じもするが、阪神の球団関係者が「藤本君は来年の兵庫県では一番の投手。近畿でも屈指でしょう。バランスの取れた投手らしい体格をしている。素材は一級品で見ていくことになります」と話すなど、すでにプロのスカウトから高い評価をされている。

その藤本投手は兵庫教育大付中学校から社高校に進学すると、1年生の夏からベンチ入りをした。しかしその冬に腰の分離症で思うよう投げ込みができなかった。それでも体づくりに力を入れると、体重は67kgから74kgまで増え、球速も130キロから147キロまでアップした。

今年夏はエースとして兵庫大会に臨んだが、津名戦で5安打完封勝利を挙げたものの、準々決勝の小野戦で初回から2失点するなどして敗れ、思うような投球は出来なかった。そして秋季大会では県大会の1回戦で小野高校と対戦し、4安打11奪三振で完封勝利をした。常時140キロを超すストレートと大きなカーブでタイミングを外し、バッターを手玉に取った。

しかし、準決勝の明石商、3位決定戦の報徳学園に敗れ、近畿大会に出場することは出来ず、全国に出場するチームの壁を破ることは出来なかった。今年は150キロの大台越えを目指すとともに、現在2000回転の球質を、「あと200、300は上げたい」と話し、そのトレーニングをしている。

来年秋のドラフトでも社高校出身選手が注目されるか、そのためには、四天王と言われる大船渡・佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手、創志学園・西純矢投手、横浜高・及川雅貴投手に少しでも近づきたい。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

入学後、高校1年の冬は腰の分離症を患い、思うように練習はできなかった。だが約2カ月、体幹トレーニングに励み、基礎を作った。「体育科」であることも成長を後押し。陸上競技、跳び箱、柔道、バレーボール…。多くの実技が授業にあり「陸上では体の使い方が分かった。走り幅跳びでは走り方とか、足の使い方を教えてくれました」。すべてが野球につながっている。入学時67キロだった体重は現在74キロ。球速は17キロもアップした。体重はさらに2~3キロ増を目標にし、球速も150キロの大台を目指している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント