智弁和歌山、プロ注目の東妻純平選手と黒川史陽選手がアベック弾

智弁和歌山, 東妻純平, 黒川史陽

智弁和歌山はこの日、池田高校と今年初の練習試合を行い、東妻純平選手と黒川史陽選手のプロ注目コンビがホームランを放った。

黒川選手は3本塁打

この日は池田高校とWヘッダーで練習試合を行ったが、初回に4番の東妻純平選手がノーアウト満塁の打席でレフトスタンドに満塁ホームランを放つと、黒川史陽選手が3回にレフトにソロホームランを放ち、14-4と大勝した。東妻選手は19号ホームランとなった。

そしてつづく第2試合では黒川選手が初回に2ランホームランを放つと、4回にもソロホームランを放ち、14-8で勝利、黒川選手はこの日3本塁打で高校通算を18本とした。「チームのために3本打てた。冬の結果が出てくれた」と話し、スラッガーとしてどんどん長打力を増している黒川選手が、長打力を伸ばしているようだ。

今年から指揮を執る中谷監督は「最初にしては良かった。まだまだ甘いところはある。あの2人がチームを引っ張ってほしい」と話し、センバツに向けて失点を重ねた投手陣には課題を見ていたが、打線については東妻選手、黒川選手に大きな期待をしていた。

東妻選手は今年トップクラスの強肩捕手だが、身長はそれほど大きくないもののパンチ力も十分ある。黒川選手もセカンドとしてしっかりとプレーができ、打撃の確実性も高い選手。今年あと20本くらいホームランはみられそうで、共にドラフト上位での指名が期待される。

智弁和歌山高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

自慢の強力打線は今年も健在だ。ダブルヘッダー第1試合の初回。まずは4番東妻が無死満塁で直球を捉え、左翼へグランドスラムを放った。高校通算19号に「狙っていたわけではなかったけど、悪くない形でした」と充実の表情。この1発を手始めに、初回から3連打を含む打者一巡の猛攻で一挙7点を先取した。


PAGE TOP