夏の高校野球・ 秋田大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度C

西岡海斗, 板垣瑠翼, 深堀虎童, 深堀堅心, 小林日出, 河野泰治, 田口駿介, 佐藤翔也, 加藤洋平, 渡辺巧真, 原陸, 佐藤洵士, 阿部将大, 工藤泰成, 佐々木湧生, 佐野雷流

夏の高校野球・秋田大会が7月10日に開幕する。将来が楽しみな選手はそろうが、今年のドラフト会議で指名されそうな選手もおらず、注目選手も少ない。地区のドラフト的注目度はC。

注目選手

昨年は甲子園準優勝の金足農・吉田輝星投手が北海道日本ハムにドラフト1位で、明桜の山口航輝選手が千葉ロッテに4位に指名され、県も大いに盛り上がった。

今年、注目される選手はいない。

その他の選手

投手は秋田商の板垣瑠翼投手はしなる腕から140キロの球を投げ、湯沢翔北の佐野雷流投手も181cm78kgの体から141キロの速球を投げて春ベスト4の快進撃を見せた。秋田修英の西岡海斗投手は172cmの左腕でキレのある球と変化球で秋に好投し、春にU18代表一次候補合宿に参加した。

明桜は2年生エースの佐々木湧生投手がキレのある球をコーナーに投げ、見逃しなどで2ケタ三振を奪う投手。リリーフで登板する3年生の工藤泰成投手は142キロを投げる他、1年生の風間球打投手は182cm80kgから130キロ中盤を投げる将来のエース候補。本荘の阿部将大投手は181cm95kgから145キロの速球を投げ、剛腕リリーフとして期待。能代の佐藤洵士投手も背番号10で180cmから140キロの速球を投げ、変化球も良い。横手の原陸投手も183cm83kgの体があり、130キロ中盤でもマウンドからの圧を感じる。2年生の渡辺巧真投手も187cmの長身投手で期待される。

野手では秋田商の佐藤翔也選手が遠投120m、50m5秒台の抜群の身体能力を持ち、将来に輝きそう。能代の田口駿介選手も強打の二塁手でフルスイングからの長打力がある。明桜の加藤洋平選手は実戦経験も多く、1年でショートのレギュラー、2年からは捕手としてチームを引っ張る。1番を打ち運動神経抜群でリーダーシップも光る。

秋田中央の河野泰治選手は、1年生から抜群の打撃センスを見せ、この春も4試合全てでヒットを記録、能代の2年生・小林日出選手も力強くしっかりとしたスイングで打球を飛ばす。能代松陽の深堀堅心選手も1番バッターとして長打力を見せ、1年生の弟・深堀虎童選手は注目の投手として期待される。

優勝予想

昨年夏は金足農が優勝し、全国大会でも準優勝した。秋は秋田修英が優勝し横手が準優勝。春は明桜が優勝して準優勝に能代。

明桜は山口選手が抜けて秋は苦労したものの、春はしっかりと力を上げてきた。秋田商や能代、能代松陽は力があり、横手、湯沢翔北、秋田修英は投手力で、昨年の吉田輝星投手のように勝ち上がっていける力がある。

秋田中央、大曲工、秋田、角館、本庄、大館鳳鳴など力のあるチームもそろい、今年も甲子園での勝ち上がりを目指す。

2019年度以降-高校生-秋田県のドラフト候補リスト


PAGE TOP