日刊スポーツ夏の高校野球特集は東海・北信越の注目選手、紅林弘太郎選手など紹介

藤田健斗, 岡林勇希, 木下元秀, 紅林弘太郎, 栗田和斗

日刊スポーツが連載する、夏の高校野球の各地区の注目選手。この日は東海・北信越の注目選手として、駿河総合・紅林弘太郎選手、知徳・栗田和斗投手、中京学院大中京・藤田健斗捕手、菰野・岡林勇希投手、敦賀気比・木下元秀選手を取り上げている。

大型遊撃手

駿河総合・紅林弘太郎選手は、ドラフト候補として今年に入ってからも名前が出てくることが多い。186cmの大型遊撃手で、ホームランは昨年秋前までは通算9本塁打だったが、現在は40本に迫るほどホームランを量産している。

4月に行われたU18代表候補合宿でも、星稜の奥川恭伸投手から2ベースヒットを打つなど存在感を示した。また大型遊撃手だが細かいステップで捕球し、持ち前の肩の強さで送球するなど評価は高い。この夏はどうしても見たい選手の一人だろう。

この日取り上げられた選手で、投手は知徳の栗田和斗投手、菰野・岡林勇希投手の二人。栗田投手は187cm90kgから147キロの速球を投げる投手でプロ12球団が注目する選手、中学時代は捕手でまだ投手としては原石。ただし、これだけのスペックがあり、大成した時にどんな投手になっているのか、想像ができないところがある。岡林投手は体は大きくないが、体の内部の強さから150キロのストレートを投げ、スカウトの計測では152キロも記録している。瞬発力やパワーなど野手としても高く評価しており、複数の球団が注目をしている。

中京学院大中京・藤田健斗捕手もU18代表候補合宿に召集された。大船渡・佐々木朗希投手の163キロを受けた捕手で、それによって手に裂傷を負った。セカンドまで1.81秒を記録する強肩捕手として注目される。敦賀気比・木下元秀選手は高校通算33本塁打を記録する外野手、投げても138キロを記録しており、本人もこの夏に登板を希望している。プロのスカウトは野手として見ており、この夏に甲子園に出場してアーチをかけるのを待ち望んでいる。

北信越地区では星稜の奥川恭伸投手、日本航空石川の重吉翼投手、丹生の玉村昇悟投手など注目投手が多く、敦賀気比には145キロの速球を投げる黒田悠斗投手も注目される。

東海地区では東邦の石川昂弥選手、常葉大橘・市川大晴投手、津田学園・前佑囲斗投手などが注目される。

2019年度-東海のドラフト候補リスト
2019年度-北信越のドラフト候補リスト

紅林、長打グーン、強肩グーン 日刊スポーツ紙面 2019/7/4

 


PAGE TOP