橘高校の143キロ右腕・堤隆晟投手に2球団が視察し日本ハムが評価

堤隆晟, 橘高

神奈川大会では橘の143キロ右腕・堤隆晟投手が藤嶺藤沢戦で先発し、6回3失点で勝利した。北海道日本ハムのスカウトが評価した。

気負って球が浮いた

この日は強豪との対戦とあり、143キロ右腕の堤隆晟投手は、「序盤は気負って球が浮いた」と2回から4回まで1点ずつ失点を重ねてしまう。しかし5回に満塁のチャンスで2点タイムリー2ベースヒットを打ちバットで返すと、点差がつき、また投球中に足がつったことなどもあり6回途中で降板した。5回1/3を投げて7安打3失点という内容だった。

投球については、反省も多かったが、「次は少しでも長くマウンドにいたい」と次戦に目を向けた。

この日は2球団のスカウトが視察をしたが、181cmの143キロ右腕について、日本ハムの坂本スカウトが「能力が高い。将来が楽しみ」と評価している。

体もストレートもある堤投手、今年指名されるとしたらドラフト下位か育成ドラフトという事になりそうだが、まだ素材で将来が楽しみな投手。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト
夏の高校野球・神奈川大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

この日は2球団が視察に訪れ、日本ハムの坂本晃一スカウトは「能力が高い。将来が楽しみ」と評価した。


PAGE TOP