日大藤沢・武富陸投手が5回7K、中日など3球団5人のスカウト視察

日大藤沢, 武富陸

神奈川大会では日大藤沢のプロ注目左腕・武富陸投手が5回1安打7奪三振で無失点の好投を見せた。

球のキレは申し分ない

日大藤沢の武富陸投手はこの日、湘南台との初戦で先発すると、140キロを超すストレートと「新しく覚えた」というツーシームと効果的に使い、5回を投げて1安打7奪三振で無失点に抑えた。

日大藤沢の山本監督の兄、山本昌氏が特別臨時コーチで指導をしており、武富投手はツーシームについて、「教えていただいたスクリューをアレンジしたボールです」と話した。

昨年は初戦で藤沢翔陵と対戦したが、竹友投手が途中で登板をして逆転負けを喫している。そのショックから立ち直れず秋も4回戦で敗退した。しかしそこから立ち直ると今年は140キロを超す球を投げ、プロのスカウトも注目する投手となった。そしてこの日、「去年、嫌な思いをして緊張してました。最初は高めに抜けたけど、途中から修正できたのはよかった」と好投を見せ、昨年の苦い思いを払拭した。

この日は3球団5人のスカウトが視察に訪れたが、中日の米村アマスカウトチーフは「球の切れは申し分ない。常時140キロを超えてくれば、対象になってくる」と話し、球速はまだ足りないものの、キレの良さなどを評価していた。

次戦は横浜隼人ととの対戦となり、神奈川屈指の188cm左腕・佐藤一磨投手とのプロ注目左腕同士の投げ合いとなりそうだ。

2019年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト
夏の高校野球・神奈川大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

プロ3球団5人のスカウトも視察。中日・米村アマスカウトチーフは「球の切れは申し分ない。常時140キロを超えてくれば、対象になってくる」と高評価。


PAGE TOP