明石商・来田涼斗選手にスカウト「野球を楽しそうにやるのがいい」

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

明石商の来田涼斗選手は、180cm85kgとさらに体が大きくなり、「まだまだ成長できる」と話す。

長打力に足も

来田涼斗選手は178cmで体重も70kg台の後半だったが、180cm85kgまで体を大きくした。自分の強みについて「長打が打てる打撃と、塁に出てからの走塁」」と話し、長打力と足を挙げている。

長打力については、昨年のセンバツ・準々決勝の智弁和歌山戦で1番センターで出場すると、1回に150キロ右腕の池田陽佑投手から先頭打者ホームランを放ち、3-3で迎えた最終回には、ものすごい球を投げていた同学年の小林樹斗投手から完璧なサヨナラホームランを放っている。夏の甲子園でも準決勝の履正社戦で、4点を奪われた後に1回裏に先頭打者ホームランを放ち1点を返した。

「まだ確実性のあるバッティングができていないし、日本一を目指しているので」と春・秋ベスト4入りした昨年を超えるためにさらに成長をしている。今年は1番バッターとしてチームを優勝に導くために、「厳しい球が来るのは当たり前なので、そこを打ってとにかく出塁することが自分の仕事だと思う」と話す。

この来田選手についてある球団のスカウトは「長打が打てるスイング力があるし、足も使える。何より野球を楽しそうにやるのがいいね」と話し、長打力と足だけでなく、野球に取り組む姿勢についても評価する。

来田選手は北海道日本ハムの西川選手のような三拍子そろった選手を目指し、「まだまだ成長できる」と話す。センバツは中止となってしまったが、夏の甲子園で昨年以上の結果を残し、秋にはプロへの門を開きたい。

2020年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
明石商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

来田 走攻守そろった選手に デイリースポーツ紙面 2020/5/3

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント