報徳学園・久野悠斗投手が142キロで完封、巨人スカウト「プロでもやっていける変化球」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

報徳学園の186cm左腕・久野悠斗投手が公式戦初完封勝利を挙げた。最速は142キロを記録し巨人スカウトが評価している。

スポンサーリンク

9回5安打11奪三振完封

久野悠斗投手は186cm85kgの大型左腕投手で最速は143キロをを記録する投手として、今年のドラフト候補として注目されている。

この日の柏原戦に先発すると、最速は142キロを記録、9回を投げて5安打11奪三振無失点で完封した。「練習試合を含めても初めて。ピンチになってからギアを上げていくことができた。制球が良くなった」と話した。

この大型左腕投手にこの日は3球団のスカウトが視察したが、巨人の岸スカウトは「将来性がある大型左腕。プロでもやっていける変化球を持っている」と、スライダー、チェンジアップの変化球を高く評価した。

三振を奪うと雄叫びを挙げ、気合のこもった投球を見せる久野投手、大型左腕としてドラフト会議に向けて楽しみな存在となりそうだ。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

3球団が視察し、巨人の岸スカウトは「将来性がある大型(186センチ、85キロ)左腕。プロでもやっていける変化球(スライダー、チェンジアップ)を持っている」と高評価した。

【高校野球】報徳学園のプロ注目左腕・久野悠斗が11K無四死球で公式戦初完封 春季兵庫県大会
 プロ注目の報徳学園・久野悠斗(3年)が、柏原を5安打11奪三振無四死球に抑え、公式戦初完封を飾った。
「快腕」報徳学園・久野が柏原を5安打完封 プロ注目の左腕が「高校初」 春季兵庫大会2回戦 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 報徳学園が2―0で柏原を下し3回戦に進んだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント