注目左腕・箕島の中川大雅投手は、「大学で力をつけて」プロを目指す

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

智弁和歌山との初戦で先発したものの、2回途中に3失点で降板した箕島の中川大雅投手は、大学に進学する方針を明らかにした。

スポンサーリンク

143キロ左腕

中川大雅投手は最速143キロの速球を投げる左腕投手で、DeNA・中川虎大投手の弟としても注目され、プロのスカウトもマークをしていた。

しかし、この日は智弁和歌山との初戦で先発をしたものの、制球が定まらずに1回1/3で2安打6四球3失点と結果が出せずに降板した。「自分の投球ができなかった。ブルペンでは調子が良かったが、マウンドでは絶対に抑えるという気持ちから力んでしまった」と話す。

試合後に進路について聞かれると、「現状では無理なので、大学で力をつけて目指す」と、現時点での実力ではプロ入りは難しいとし、大学に進学することを明らかにした。

まだフォームが安定しているとは言えない感じで、兄よりも粗さがあり、力強さもまだ足りない印象がある。投球をしっかりと支えられる下半身を作り、フォームと制球の安定をしてゆきたい。高い素質であることは間違いない。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・和歌山大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球和歌山大会、全体的な候補選手の数は少ないものの、ドラフト1位クラスや指名がほぼ確実な選手などがそろい、プロのスカウトも大勢視察に来ることになりそうだ。ドラフト注目度はA。

昨秋の新人戦と県大会に続いて宿敵に敗れ、最速143キロ左腕は「自分の投球ができなかった。ブルペンでは調子が良かったが、マウンドでは絶対に抑えるという気持ちから力んでしまった」と三度目の正直を果たせず、肩を落とした。「(プロは)現状では無理なので、大学で力をつけて目指す」と目を潤ませた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント