藤沢清流の185cm左腕・木島直哉投手が横浜スタジアムでのリベンジに燃える

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

春の神奈川大会でベスト4入りした藤沢清流は、エースの185cm左腕・木島直哉投手が注目される。

スポンサーリンク

135キロ左腕

木島直哉投手は185cm89kgと非常に恵まれた体があり、ストレートは最速135キロ、松井裕樹投手の握りを参考に磨いたスライダーは鋭く曲がり、空振りを奪える。

春季大会では準々決勝で立花学園に勝利し、ベスト4入りした。しかし、準決勝の桐蔭学園戦は「横浜スタジアムにのまれました。守備陣も5失策くらいして。強豪を相手にするメンタルの弱さも痛感しました」と2−10で8回コールドで敗退、「もう一度、横浜スタジアムで投げたいです」と話す。

自身は神奈川県出身も、小学校6年生の時に名古屋へ引っ越した。しかし、高校入学と同時に神奈川へ戻ったが、中3の春に藤沢清流が慶應義塾を破った試合を見て、「慶応を倒したのは大きいです」と憧れて入学をした。

打倒私学・横浜スタジアムを胸に投げる大型左腕・木島投手がこの夏、注目される。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【神奈川】組み合わせ抽選会 今春4強の公立校藤沢清流が第1シード、キーマンはエース木島直哉 - 高校野球 : 日刊スポーツ
第104回全国高校野球選手権神奈川大会(7月9日開幕)の組み合わせ抽選会が11日、横浜市内行われた。公立校の藤沢清流は今春4強入りを果たし、創部初の第1シード… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

身長185センチ、体重89キロ。高校生離れした体格を持つ、エース木島だ。「体が大きくて、自分に合う体操着がなかったくらい」と、幼稚園ですでに身長が120センチあったという大物は、最速135キロの直球、楽天松井裕樹の握りを参考にした自信のスライダーを組み合わせ、打者を打ち取る。打っては3番を担い、チームトップの高校通算12本塁打を誇る強打者でもある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント