天理が甲子園出場、戸井零士選手に阪神スカウトが甲子園で期待

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

高校野球奈良大会では、天理高校が甲子園出場を決めた。プロ注目の戸井零士選手は、新型コロナの影響で主力メンバーが出場できなかった生駒高校に配慮し、試合終了時に歓喜の輪を作らないようにナインに提案した。

スポンサーリンク

9回2アウトでマウンドで

準決勝で智弁学園を破った生駒高校だったが、決勝戦では新型コロナの影響で主力5人を含む12人のメンバーが出場できなかった。

全力で挑んだ天理は21−0と点差をつけて、優勝まで後1アウトとなった所で、ショートを守る主将の戸井零士選手がタイムをとってナインをマウンドに集める。そして「試合が終わったらすぐ整列しよう」と提案した。優勝が決定してもナインは坦々と整列し、生駒高校に配慮した。

戸井選手はこの日は3番ショートで出場し6打数4安打3打点の活躍を見せた。視察した阪神の山本スカウトは「調子を落としていた準決勝より良くなっている。右打ちの大型内野手として期待しているので、甲子園では調整した姿を見たい」と話した。

強打の右の遊撃手として貴重な存在、もっと長打も打てる選手だと思う。気持ちの面でも素晴らしい選手で、甲子園では大暴れをして欲しい。

2022年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-奈良県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・奈良大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C
夏の高校野球奈良大会、プロ注目の遊撃手がいるものの、全体的にドラフト候補は少なく、ドラフト注目度はC。

全力勝負で天理圧勝も、ナインは自発的に喜ばず ー デイリースポーツ紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント