帝京高の40発リードオフマン・小島慎也選手、プロ志望届け提出は「わかりません」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

高校野球東東京大会では準決勝が行われ、二松学舎大付が帝京を7−4で下し、決勝進出を決めた。帝京の通算40本塁打の1番打者・小島慎也選手は、プロ志望について明言をしなかった。

スポンサーリンク

将来プロでやりたい

小島慎也選手はこんなつの大会で4回戦、5回戦で先頭打者ホームランを放ち、高校通算を40本塁打に乗せていた。

しかしこの日の準決勝は初回に三振し、「ボールだと思った。あの三振で相手を勇気づけてしまった」と悔やんだ。この日は内野安打1本のみに終わり、高校野球を終えた。

進路については「将来はプロでやりたいと思いますが、志望届をだすかどうかはわかりません」と話し、これからいろいろな人と相談して決めていく。

2022年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・東東京大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球東東京大会、今年のドラフトで上位指名候補に名前が挙がる選手は現時点ではいなさそうだが、来年が楽しみな大型投手がいる。将来が楽しみな選手が投手野手におり、ドラフト注目度はB。
プロ注目帝京・小島慎也の夏が終わる「志望届を出すかどうかは分かりません」/東東京 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
帝京(東東京)強打の1番打者、小島慎也内野手(3年)の夏が終わった。5回戦で2試合連続の初回先頭打者アーチをかけ通算40本塁打としたが、この日は内野安打1本。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

今秋のドラフト候補に挙がるが、進路について「将来プロでやりたいと思いますが、志望届を出すかどうかは分かりません」とした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント