高校通算32本塁打の浦和学院・三井雄心選手、「高卒でプロに行けるように」

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球埼玉大会の組み合わせが決定した。昨年の王者・浦和学院は挑戦者として出場を目指す。

スポンサーリンク

高校卒でプロに

浦和学院の主将で三塁手の三井雄心選手は、高校1年時から左の主軸として活躍し、昨年は夏の甲子園で仙台育英と対戦、5番サードで出場して2安打3打点を記録してプロも注目するスラッガーとなっている。

しかし主将として戦った秋は埼玉大会ベスト4止まり、今春はベスト16止まりと結果が出せず、「自分が打てなくて終わってしまった」と話す。春以降は「少し小さくなっていた」と打撃フォームを修正し、練習試合で対戦した仙台育英のプロ注目・山口廉王選手から2ベースヒットを放った。

三井選手は主将として「春も秋も負け続けてしまった。夏は昨年も出ているので、連覇できるように一つずつ勝っていきたい」と話す。そして、「勝負どころで一本打てるような準備をしていきたい。しっかり活躍して高卒でプロに行けるように結果を残していきたい」と個人的にも今年のドラフト会議で指名されるために、夏に大きなアピールをしていく。

180cm80kgの左の強打の内野手、この夏は打ちまくりたい。

2024年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2024年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
浦和学院・三井雄心、父は元西武投手「高卒でプロに行けるように」/埼玉大会
第106回全国高校野球選手権大会(8月7日開幕、甲子園)の出場を懸けた埼玉大会の組み合わせ抽選会が18日、さいたま市内で行われ、2年連続16度目の優勝を目指す浦…
連覇狙う「“最恐”チャレンジャー」浦和学院はDシード プロ注目三井雄心主将「わくわく」/埼玉 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
第106回全国高校野球選手権埼玉大会(7月11日開幕)の組み合わせ抽選会が18日、さいたま市内で行われた。連覇を狙う浦和学院はDシードとして大会に臨む。勝ち上… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント