フレッシュオールスターは7月16日に倉敷マスカットスタジアムで

ルーキーニュース

 プロ野球は2015年シーズンのファームの日程を決定し、ルーキー選手が多く参加するフレッシュオールスターは、7月16日に倉敷マスカットスタジアムで行われることが決まった。

ルーキーが多く登場するオールスター

 フレッシュオールスターは新人選手およびプロ在籍年数が5年以内の選手から選考される。開催要項にも「本年度のドラフト1、2位で入団した選手を含め、地元出身あるいは話題性のある選手」を選考するとあり、2014年のドラフト会議で指名された選手が出場する事が多い。

 ただし、オールスターに出場する場合にはフレッシュオールスターには出場することができない事、またイースタン、ウエスタンの試合に1試合でも出場していなければならない事などから、基本的に1軍で主力として活躍している選手はフレッシュオールスターに出場する事は少ない。

 それでも昨年は東北楽天の松井裕樹投手や阪神の岩貞祐太投手、横浜DeNAの柿田裕太投手、中日の鈴木翔太投手などのドラフト1位投手が登板している。

 

昨年は井上晴哉選手などが活躍

 2014年のフレッシュオールスターは7-6でイースタンが勝利、千葉ロッテの井上晴哉選手がMVP,埼玉西武の山川穂高選手とオリックスの奥浪鏡が優秀選手賞を受賞し、井上選手が114kg 山川選手が105kg 奥浪選手が95kgと3人とも体重が重い選手だった事から、「3兄弟」「Pig3」などと話題になった。

 即戦力選手はできれば1軍で活躍をしてオールスターに出場したい所だが、フレッシュオールスターに選ばれるにも活躍が必要となる。新人の晴れ舞台なのは間違いない。

2014年ドラフト会議/指名選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 日本野球機構(NPB)は26日、7月16日に行う若手選手によるフレッシュオールスターゲームを岡山県倉敷市の倉敷マスカットスタジアムで実施し、ファーム日本選手権を10月3日に宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で開催すると発表した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント