埼玉西武ドラフト1位ルーキー・隅田知一郎投手と2位ルーキー・佐藤隼輔投手が5者から3奪三振、オリックスが警戒

埼玉西武ルーキーニュース

埼玉西武のドラフト1位ルーキー・隅田知一郎投手と、2位ルーキーの佐藤隼輔投手が揃ってシート打撃に初登板すると、共に打者5人から3三振を奪う投球で、実力を見せた。

スポンサーリンク

オリックススコアラーが警戒

昨年のドラフト会議で4球団が指名競合したドラフト1位ルーキー・隅田知一郎投手は、ドラフト3位ルーキーの古賀悠斗選手からスプリットで三振を奪うと、岸選手からインコースのストレートで見逃し三振を奪い、山川選手にはストレートを詰まらせてセンターフライに討ち取った。

さらに一昨年のドラフト1位・渡部選手にも高めのストレートで空振り三振を奪うと、最後の外崎選手には四球を許したものの、打者5人から3つの三振を奪う力を見せた。最速は147キロ、「思ったより差し込めた感触はあった」と話した。

この投球にオリックスの渡辺スコアラーは、「総合的に見ていいピッチャー。力があるから、打者もあの高めにも手が出る」と評価し警戒した。

また、ドラフト2位の佐藤隼輔投手も登板すると、最速149キロを記録した。森選手から見逃し三振を奪うなど、同じく打者5人から3三振を奪った。「手先だけで投げないよう、しっかりと腕を振ることが実践できてよかったかなと思います」と話した。

この佐藤投手にもオリックスの渡辺スコアラーは「球の出どころが見にくい。ソフトバンクの和田投手みたいな感じ」とこちらも警戒を示した。

埼玉西武では、昨年はリーグ戦で55勝だったが、そのうち、左腕投手の勝利は内海投手と浜屋投手の2勝だけと寒い状況で、隅田投手、佐藤投手の二人で今年は20勝を期待したい。

2022年キャンプ、ルーキー選手の1軍・2軍振り分け一覧
2021年のドラフト会議で指名されたルーキー選手の、キャンプの1軍・2軍の振り分け一覧です。
埼玉西武ライオンズのドラフト指名予想
埼玉西武ライオンズ公式ページ 埼玉西武ライオンズ掲示板 埼玉西武ライオンズの過去のドラフト指名一覧 埼玉 西武ライオンズ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイ...

隅田圧倒デビュー ー西日本スポーツ紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント