【2022センバツ】聖光学院の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は聖光学院の注目選手。

スポンサーリンク

注目したい選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:山浅龍之介捕手

遠投110m、二塁送球1.84秒という強肩捕手で、昨年秋は公式戦で3つの牽制アウトを奪い、盗塁を許さなかった。打撃に課題があるが、聖光学院の要として注目される。

注目度B:佐山未来投手

最速140キロの速球を投げる投手で、聖光学院らしく質の良い球を投げる。キレのあるストレートとスライダー、それにカーブ、カットなど一通りの変化球を織り交ぜる。

注目度C:赤堀颯遊撃手

ショートをしっかりと守れる選手で、50m6.0秒の足もあり1番を打った。東北大会準決勝の青森山田戦では走者一掃の3ベースヒットを打つなど、パワーも見せる。

注目度C:安田淳平中堅手

成長を続ける外野手で、50m6.0秒の足に遠投100mの肩もある身体能力の高さもある。山浅、赤堀と安田センターラインは強固。

注目度C:椎野華蓮投手

130キロ中盤の速球を投げる左腕投手で1年時から注目された。昨年は春と秋に左肘の手術を受け、復活を目指している。

注目度C:大槻俊斉内野手

50m5.9秒の俊足で、昨年は公式戦4試合で2盗塁、練習試合も含めると22試合で19盗塁を決めている。

注目度C:狩野泰輝外野手

秋の福島大会では背番号9、東北大会では19をつけて出場した。打撃の課題があるものの、50m6.0秒の足に遠投100mの肩など、身体能力が高い。

チーム

佐山投手の安定感がチームの成績を左右する。2番手の168cm左腕・小林投手のほか、椎野投手、アンダーハンドの2年生・小松投手などが、佐山投手を支えられるか。

打撃は長打力が抜群にある選手などはおらず、犠打と足を使って得点を重ねていく。1番・赤堀選手の出塁と、主軸の得点力が鍵。守備は山浅選手、赤堀選手、安田選手のセンターラインが守備力が高く、守備が崩れての大きな失点はイメージできない。

投手が3点に抑え、打線が5点程度を奪う。打線のつながりと、佐山投手の投球がポイントとなりそうだ。

聖光学院高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント