東京ヤクルト・杉浦稔大投手、北海道日本ハム・岡大海選手が対外試合出場へ

東京ヤクルトルーキーニュース 北海道日本ハムルーキーニュース

 オープン戦も開幕したプロ野球、ルーキー達も力を試される時期に入ってきた。東京ヤクルトの杉浦稔大投手は19日の中日との練習試合に登板が予定され、北海道日本ハムの岡大海選手も今日18日の韓国サムスン戦に先発出場する。

 

実戦で試す

 実戦で試すという言葉には、首脳陣が選手を試すという意味と、選手が自分の力を試すの二つの意味がある。東京ヤクルトの杉浦稔大投手は19日に中日戦で「いい打者だと思うのは、和田さんと森野さん。プロの打者の反応を見たい」と話し、大学時代に急成長した自分の球がどれだけプロ1軍の打者に通用するのかを試す。ドラフト1位という事もあり余裕の見せたコメントをしている。

 首脳陣にとっても昨年は先発にケガが多く最下位に沈んだ事からも、杉浦稔大投手にかける思いは大きい。チームとしては、まだ先発枠の争いが出来る状況までいっていない中で、杉浦投手が出てくることで他の投手にも刺激となる。

 

嘉男っぽい外野

 また北海道日本ハムのドラフト3位・岡大海選手もキャンプは2軍スタートだったが、先日の練習試合で自慢の足と鋭い打球、レーザービームを見せて1軍の練習試合出場の枠を掴み取った。本日予定の韓国サムスン戦でも同じような活躍を見せられれば、大型リードオフマンとして開幕1軍の目も出てくるかもしれない。

 栗山監督は「嘉男っぽい外野」と話し、糸井選手のような高い身体能力とセンスを持った選手と評価している。新庄選手、糸井選手の系譜を継ぐ選手として大いに期待できる。中田選手が内野へ転向し、陽選手、大谷翔平選手、そして岡大海選手が入れば、肩に関しては他球団の驚異となるかもしれない。

 

 ヤクルト春季キャンプ(17日、沖縄・浦添)19日の中日との練習試合(北谷)で実戦デビューするD1位・杉浦(国学院大)が、ブルペンで45球を投げた。「クイックモーションを入れたり、実戦を意識しながら投げました。試合ではストライク先行で、テンポよく投げたい」。開幕1軍を目指す最速149キロ右腕は「いい打者だと思うのは、和田さんと森野さん。プロの打者の反応を見たい」と対戦を心待ちにしていた。

 岡の起用について報道陣から質問を受けた指揮官は、懐かしそうに昔話を始めた。「高校時代『エースを狙え』の大ファンでさ。野球部の中で毎週じゃんけんで負けたやつが『(週刊)マーガレット』を買いに行っていて読んでいた。もちろん漫画も全巻持っている」。包み隠さず「岡ひろみ愛」を語ったことが、期待の表れだったようだ。

 もちろん実力を認めている。16日の紅白戦では初打席で安打を放ち第2打席では失策で出塁すると初球で二盗を決めた。登録は内野手だが「(糸井)嘉男っぽい外野」と、好印象を持っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント