今年の群馬県のドラフト候補、高橋光成投手がドラフト1位候補

高校野球ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 独立リーグドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 群馬県のドラフト候補をピックアップします。群馬県の高校野球は昨年夏に前橋育英が全国制覇を達成、健大高崎、桐生第一、樹徳に前橋商など強豪がひしめく。また、大学でも昨年の大学野球選手権で日本一となった上武大があり、昨年はアベックでの優勝となった。社会人も富士重工、独立リーグでも群馬ダイヤモンドペガサスがある。 

ドラフト注目選手は

 何と言っても前橋育英の高橋光成投手に注目が集まる。188cmの長身からキレイなフォームで投げ下ろすストレートは148km/hを記録、スライダー、フォークのキレも良く、夏の甲子園では2試合連続完封など抜群の投球を見せた。夏以降に調子を落としていることが気になるものの、素質も実績もドラフト1位として申し分ない。

 またもう一人注目したいのが、上武大の核弾頭・大谷昇吾選手。1番バッターを打ちながら春のリーグ戦は5本塁打、秋のリーグ戦は7本塁打を放ち、またセカンドを守るなどプロとしても長打を狙えるセカンドとして獲得しておきたい選手だろう。全国大会ではホームランは見せられなかったが、今年こそ明治神宮球場か東京ドームでアーチをかけたい。

 

その他、注目されそうな選手

 例年ドラフト候補がいる桐生第一や健大高崎だが、今年はむしろ新2年生に注目が集まっている。桐生第一で1年生でエースとして投げた山田知輝投手は184cmの投手で高橋光成投手のような成長が期待される。また健大高崎の吉田駿選手も50m5.8秒台の足に140km/hを記録したという肩も期待したい選手。ただし、春から夏以降に今年のドラフト候補としても何人かは名前が挙がってきそうだ。

 富士重工は昨年までのエース東明大貴投手(オリックスドラフト2位)が抜けた。青森大で150km/hを記録した吉田友大投手や、捕手で東明投手と大学時代からバッテリーを組んでいた唐谷良磨選手に注目してみたい。

 また群馬ダイヤモンドペガサスもプロ野球に選手を送り出している。早稲田実で活躍した安田権守選手や、明徳義塾で注目された栗野翔太郎投手などが加わり、リーグで成績を残せば、プロ入りもあるかもしれない。どんな選手が出てくるのか分からない楽しみがある。

 

 (選手の情報、選手の評価をお待ちしております!)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント