日本クラブ野球選手権、MSH医療専門学校の中村翔投手が7回5安打無失点、佐藤允彦投手が1回無失点

中村翔, 佐藤允彦, MSH医療専門学校

 日本クラブ野球選手権大会が行われ、MSH医療専門学校が初出場で初勝利を飾った。

 MSH医療専門学校は速球派投手を輩出し、今年もドラフト候補の三菱重工広島・鮫島優樹投手、三菱重工三原の中本雄貴投手などがいる。またチームではクラブチームには珍しく140km/hを越す速球を投げる投手を数多く抱えている注目のチームだ。

 日本クラブ野球選手権の1回戦オール江刺戦では中村翔投手が登板し7回を5安打無失点に抑えると、8回からは最速151km/hを記録すると言われる佐藤允彦投手が登板し、西武ドームで143km/hを記録する力のある球を見せたとの事。

 今後、ドラフト会議でも何度も耳にするチーム名になりそうだ。

MSH医療専門学校が初勝利/社会人野球  - ニッカンスポーツ・コム:2013/9/7

 選手全員、平成生まれのMSH医療専門学校が創部7年目にして初出場初勝利を飾った。8回コールドでオール江刺を下した。

 先発の中村翔投手(19)が7回を投げ、5安打無失点。2人の継投で0に抑えた。

 打っても6点リードの8回1死からチャンスを広げた。4連続安打など打者一巡の猛攻でこの回、さらに7得点を追加した。


PAGE TOP