東芝の1年目・宮川哲投手が150キロ連発

上武大, 宮川哲

昨年のドラフトで指名漏れとなった上武大の宮川哲投手が、東芝のユニフォームを着て躍動した。

150キロ連発

宮川哲投手はこの日、6回から2番手で登板すると、大田スタジアムで自己最速タイの150キロを3連発し、2回を2安打無失点に抑えた。

宮川投手は上武大時代に140キロ後半の速球を投げ、粘りのあるピッチングも見せるなど十分な活躍を見せていた。しかしプロ志望届を提出して指名を待ったものの、ドラフト会議で指名はなく、東芝へと進んでいた。指名順位などの縛りは無かったものとみられている。もしどこかの球団がドラフト下位でも指名をしていたら、今頃、オープン戦などで注目された投手になっていたかもしれない。

1年目の初戦で好投を見せた宮川投手は、「先輩からいいものを盗んでレベルアップしたい」と話し、社会人でさらに成長してプロ入りを目指す。平馬監督は「明日、明後日も投げてもらいたい」と期待を込めた。来年のドラフトで社会人投手の筆頭になってくるかもしれない。

2019年度-社会人のドラフト候補リスト
東芝のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

上武大出身の新人右腕、東芝・宮川が6回から2番手で公式戦初登板。自己最速タイの150キロを3連発するなど2回を2安打無失点に抑えて上々のデビューを飾った。 

 昨秋ドラフトではプロ志望届を出すも指名漏れ。「先輩からいいものを盗んでレベルアップしたい」という剛腕に、平馬淳監督は「明日、あさっても投げてもらいたい」と期待した。


PAGE TOP