8日開幕、JABAスポニチ大会でENEOS高校卒ルーキー・度会隆輝選手がデビュー

社会人野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

8日に開幕する社会人野球の東京スポニチ大会で、横浜高出身のENEOSのルーキー・度会隆輝選手が社会人デビューすることが確実となった。

スポンサーリンク

文句が出ないレベル

ENEOSの大久保監督は、オープン戦で結果を残してきた度会隆輝選手について、「度胸というか、本当に堂々としている。あれだけバットを振れるし積極的だし、オープン戦で使っても周りの選手から、何でと文句が出ないレベル」と話した。

度会選手は横浜高校1年時から天才的な打撃を見せ、ヒットを量産した。父が元ヤクルトの度会博文氏ということもあり注目され、昨年のドラフト会議でも候補として挙げられていた。しかし、プロ志望届を提出して指名を待ったものの指名はなかった。

悔しさを力に、この冬は体重が2キロ増えて83kgになると、逆方向への長打の飛距離も伸びた。ENEOSに交流してオープン戦に出場すると、持ち前の打撃センスを発揮し、ヒットを量産している。東京スポニチ大会ではスタメンでの出場の可能性もある。

父は大学から、兄も中央学院大で今年のドラフト候補となっているが、家族で社会人野球を経験するのは隆輝選手が初となる。「自分だけ社会人の経験ができるのはうれしい。父も兄もやっていないので。社会人になって初めての大会なので、凄く気合が入っています」と話す。

度会選手はプロ入りを目指しているが、目標は2023年のドラフト1位指名となった。「甘い気持ちでやることはない。レベルの高いところでできるのは、自分にはプラスしかない。一日一日を無駄にせずに、3年後にドラフト1位でプロに行けるようにやっていく」と力強く話した。

まずは社会人野球デビューでどんなプレーを見せるのか注目したい。

2023年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【社会人野球】東京スポニチ大会の組み合わせと注目選手
3月8日に開幕する東京スポニチ大会の組み合わせが決定した。対戦カードと注目選手を紹介します。

社会人野球の名門に身を置いても、動じることはない。ENEOSの高卒新人・度会について、大久保秀昭監督は「度胸というか、本当に堂々としている。あれだけバットを振れるし積極的だし、オープン戦で使っても周りの選手から“何で?”と文句が出ないレベル」と期待を寄せる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント