東京六大学今日開幕、慶大・白村明弘投手は「優勝してドラフト1位」を狙う

大学野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 東京六大学リーグが今日開幕する。立大と対戦する慶大は白村明弘投手の先発を決めた。

 白村投手は153km/hのストレートを投げる速球派投手。高校時代も140km/h中盤のストレートを記録するなど速球派として注目され、大学1年2年でも球は速かったが、狙い打ちされる場面も見られた。

 しかし3年春に部のルールに違反して謹慎した後の昨年秋のシーズンは150km/h近くのストレートで空振りを奪えるキレも加わり、ストレートで勝負できる投手になった。

 白村投手は「優勝しなければドラフト1位にはなれない。とにかく優勝だけを目指します」と話し、まずは優勝を、そして秋のドラフト会議ではドラフト1位での指名を狙う。秋のリーグはドラフト直前になるため、春のリーグ戦で評価を高めておく必要がある。

 福谷浩司投手、竹内大助投手、山崎錬選手、阿加多直樹捕手と主力がごっそり抜けた慶大、白村投手の肩にかかっている。

慶大・白村「優勝してドラフト1位に」  - ニッカンスポーツ・コム:2013/4/12

  慶大が12日、横浜市港北区にある同校グラウンドで、東京6大学春季リーグ開幕戦に向け最終調整を行った。

 今秋のドラフト候補右腕・白村明弘投手(4年=慶応)はこの日、ブルペンで47球投げ込んだ。「優勝しなければドラフト1位にはなれない。とにかく優勝だけを目指します」と意気込んだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント