亜細亜大・九里亜蓮投手、国学院大・杉浦稔大投手、ドラフト候補対決は九里投手に軍配

九里亜蓮, 亜大, 国学大, 水本弦, 杉浦稔大

 東都大学リーグ、雨天で伸びた2回戦は亜細亜大が九里亜蓮投手、国学院大は杉浦稔大投手が先発し、プロが注目するドラフト上位候補投手同士の対決となった。

 杉浦投手はエースとして一昨日の1戦目でも登板し9回1失点と好投した。しかしこの日は初回にいきなり4安打を浴びて3失点すると、3回に水本弦選手にタイムリーヒット、6回にはまた水本弦選手にホームランを浴び、6回11安打5奪三振で5失点し降板した。

 対する九里亜蓮投手は6安打を打たれたものの要所を締め、7回6安打8奪三振で1失点と、持ち前の安定感のあるピッチングを見せ今季2勝目を挙げた。九里投手は先発1番手を3年生の山崎康晃投手に奪われ、その山崎投手が完封勝利を挙げるなど活躍を見せた事から、この日は気合が入っていたのだろう。見事に結果を残して見せた。

 杉浦投手は188cm、九里投手は186cmと共に長身で、球速も九里投手は147km/h、杉浦投手は146km/hとこちらも互角。投球スタイルは九里投手が、変化球などを打たせて取る印象に対し、杉浦投手は力で詰まらせる印象。共にドラフト会議では上位候補として名前が上がる。プロ入りしてもライバルとしてお互いを意識する投手となり、共に成長して活躍して欲しい。

 この日、杉浦投手からホームランを含め3安打3打点を挙げた水本弦選手は、昨年、大阪桐蔭で春夏連覇を果たしたチームの主将、18U世界選手権でも主将を務めていた。この日は変わった投手からもヒットをうち4打数4安打、生田監督も「ず太い性格で、どっしりと自分の打撃ができている。期待以上」と評価している。

 大阪桐蔭では昨年、森友哉選手、笠松悠哉選手、近田拓矢選手などの強力な2年生野手陣と、3年生の田端良基選手、藤浪晋太郎投手、沢田圭佑投手などが抜群のチームワークで連覇している。中学時代に注目されて大阪桐蔭に入学し、最後の夏に試合に出場したい3年生も多い中で、2年生を伸び伸びとプレーさせるのは大変な事だっただろうと思う。今は1年生となり自分自身が伸び伸びとプレーしている感じ。上級生になる頃にはまたリーダーシップを発揮してくるだろう。

 2回戦2試合が行われた。亜大は水本弦外野手(1年)が今秋ドラフト候補の国学院大・杉浦稔大投手(4年)からリーグ戦初本塁打をマークするなど4安打3打点の活躍で、5―2で連勝して勝ち点2とした。駒大は4―0で中大を下し開幕4連勝。片山雄貴投手(2年)が6回無失点でリーグ戦初勝利を挙げた。

 昨年、大阪桐蔭で主将を務め甲子園で春夏連覇を達成した亜大・水本が、4安打3打点と大暴れ。2打席連続適時打後の6回、杉浦の139キロの直球を右翼席に運び「長打が欲しいと思っていたのでうまく打てた。打った瞬間、入ったと思った」と大学1号を喜んだ。開幕から「5番・左翼」で先発出場し、ここまで5試合で打率・421。生田勉監督は「どっしり落ち着いてやっている。ずぶとい性格なので楽しみ。期待以上です」と目を細めた。

 ▼亜大・九里(7回1失点で2勝目)1戦目に投げていない悔しさがあった。

 ▼国学院大・杉浦(6回5失点で2敗目)球に力がなくて高めに浮いてしまった。負けたのは自分の責任。

亜大・水本、初アーチ!監督「期待以上」/東都  - サンケイスポーツ:2013/4/26

 東都大学野球リーグ第3週第2日(国学院大2-5亜大、25日、神宮)2回戦2試合を行い、駒大、亜大が連勝してともに勝ち点を2に伸ばした。亜大は、昨年春夏の甲子園覇者・大阪桐蔭高の主将だった水本弦外野手(1年)の初本塁打など12安打で5点を奪い、5-2で国学院大を下した。

 水本が六回先頭打者で右翼席に“神宮1号”を放った。「フルカウントだったので、何でも対応できるようにと思っていて、真っすぐが来た。打った瞬間、入ると思いました」。5番・左翼で5試合連続先発出場し、17打数8安打4打点、打率・421。「ず太い性格で、どっしりと自分の打撃ができている。期待以上」と生田監督も活躍に目を細めた。


PAGE TOP