早大・有原航平投手が骨折から復活勝利、横山貴明投手が好リリーフでプロ志望表明、法大・石田健大投手も復活勝利

大学野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 東京六大学もシーズン中盤となり、熱戦を見せている。

 早稲田大vs明治大の試合では開幕前に左足小指を骨折し離脱していた3年生の有原航平投手が先発すると、最速152km/hを記録したストレートで、7回1/3を7安打4奪三振1四球で1失点に抑えて勝利した。来年のドラフト上位候補として注目される投手が、ケガの間に体幹を鍛えバランスが良くなったフォームを見せた。これまでのようにストレートは力があるが打たれる投手から抜け出すきっかけの投球となりそうだ。

また8回途中から1回2/3をノーヒットでパーフェクトに抑えた横山貴明投手、試合後に「高校からずっと意識してました。監督とちゃんと面談しますが出す事に変わりない」とプロ志望届を提出することを表明した。聖光学院時代から注目されていた投手で、大学では最速148km/hを記録しリリーフで無失点記録を続けるなど活躍をしてきた。安定した投球が持ち味で、プロがどのような評価をしているかに注目したい。

 また法政大vs慶応大の試合では法政大の3年生・石田健大投手が140km/h中盤の速球を中心に7回を4安打6奪三振1四球で1失点に抑えて、リーグ通算14勝目を挙げた。石田投手は1年生の時から先発2番手として三嶋一輝投手(2012年横浜DeNAドラフト2位)と共に軸として支えてきた。今春も4勝を挙げたものの調子は良くなく、日米大学野球でも登板機会は少なかった。

 来年のドラフトの目玉となりそうな、早大・有原航平選手、法大・石田健大投手にもいよいよ火が点き始めた。来年に向けて、長くて短い戦いが始まる。

 2回戦2試合が行われた。第1試合は法大が慶大を9―1で下し、1勝1分けとした。今季初先発の石田健大投手(3年)が7回4安打1失点、6奪三振の好投でリーグ戦通算14勝目を挙げた。第2試合は早大が武藤風行(かざゆき)内野手(3年)の決勝打で明大を4―1で破り、1勝1敗のタイとした。

 法大の石田が7回4安打1失点の好投を見せ、チームに今季初勝利をもたらした。「勝ちにこだわって投げた。自分で流れを変えたい気持ちがあった」と109球の力投に胸を張った。140キロ台中盤の直球を中心に、スライダー、チェンジアップを低めに集めた。前日2安打の打線は毎回の15安打で援護する内容に、神長英一監督は「石田は先発で投げたいという期するものがあったと思う。打線は水ものですね」と振り返った。

早大・有原、骨折からの復活1勝  - ニッカンスポーツ紙面:2013/9/30

 

横山プロ宣言  - ニッカンスポーツ紙面:2013/9/30

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント