九産大・浜田智博投手がプロ入りにむけて連覇を誓う

浜田智博, 九州産業大

 福岡六大学リーグは6日に開幕する。春に5勝0敗で優勝に大きく貢献し、プロも注目をしている九産大・浜田智博投手がプロ入りへの想いと、それに向けて最後のリーグ戦への意欲を見せた。

プロ入りを表明

 浜田智博投手は183cmの左腕で球速こそ139km/hだが、変則的なフォームから投げられるストレートにバットが振り遅れ、大きな変化球で打ち取ることができる投手。侍ジャパン大学代表にも選ばれると、台湾戦などで好投を見せ打者をてこずらせた。

 大学選手権では広島経済大戦で8回1/3を投げて5安打8奪三振無失点に抑えると、東日本国際大戦ではリリーフで好投した。創価大戦では先発し6回5安打3失点で敗れたものの、プロのスカウトにアピールできた。

 そして6日から始まる最後のリーグ戦を前に「プロに行きたい。プロ一本で考えています」とプロ表明をした浜田智博投手、秋も5勝0敗を狙う。

 

侍ジャパンでも好投

 浜田智博投手は侍ジャパン大学代表の一員として投げたハーレム国際大会でも、台湾戦を中心に2試合10回2/3を投げて無失点に抑えるなど、世界で通用する所を見せた。

 しかし、「外国人を抑えるには左右だけでなく縦を使えないと」とオープン戦では縦に曲がるカーブを試すなど球種を増やしている。福岡ソフトバンクなどが注目する左腕投手、ドラフト3位前後で消えるとみられている。

 

九産大エース浜田、有終春秋連覇導く 西日本スポーツ紙面 2014/9/4

 


PAGE TOP